ドメイン移管にはID付け替えが便利です

ドメイン移管にはID付け替えが便利です

ドメイン移管にはID付け替えが便利です

同じ管理会社アカウント間でのドメイン移動

お名前.comやムームードメインはよくドメイン管理に利用される管理サービス(会社)です。

今回はドメインの管理を現在持っている業者と、これから譲り受ける業者とが同じ管理会社のアカウントを持っている場合のお話ですね

そのアカウント間でドメインの移動が簡単にできるようになっています。

これがID付け替えと呼ばれるものです。

ID付け替えとは

例えばこれから「aaa.com」というドメインの管理を移管するとします。

ドメインを「今管理している業者」が、お名前.comの「account_A」というアカウント内でそのドメインを管理していたとします。

それに対し「譲り受ける予定のあなた」がお名前.comに対し「account_B」というアカウントを開設していたとしましょう。

その場合以下の形で簡単に管理が移動します。

・移管先アカウント:account_B
・移管元アカウント:account_A (aaa.com ドメイン管理)

・移管先アカウント:account_B (aaa.com ドメイン管理)
↑移動
・移管元アカウント:account_A

移転は本来手続きに時間が掛かるもの

本来ドメイン移管をする場合は、代行会社の承諾をもらった上で移管申請手続きをおこなう必要があります。

移管元に届く承認メールに対応をしてもらうなど、手続きに何かと時間が掛かります。

しかし上記の様にID付け替えができる場合は、管理画面上からID付け替えの打診をするだけですぐに管理が移ってくれるのです。

もちろん移転元と移転先で移転に関する承諾が取れている事が前提です。

代行会社にとっては支払い先が変わるだけ

お名前.comにとってはそのドメインを管理していること自体は変わりません。

ただ管理をしているアカウントIDだけが変わるだけです。

指定アカウント内にドメインを付け替えするだけ、つまり「支払い先が変わるだけ」ですからね。

支払い先アカウントが変わるだけ
支払い先アカウントが変わるだけ

[おさらい]ドメイン移管とは

念のためにドメイン移管とは何かおさらいをしておきましょう。

サーバーの引越しをする際に一緒におこなわれる可能性が高いのが「ドメイン移管」です。

ご自身の運営するWEBサイトを別サーバーに引越しさせる場合はその必要は無いと思います。

ただ、管理業者(フリーランス)としてお客様のWEBサイト管理を担当する場合は、このドメイン移管の機会に遭遇します。

移管とはドメインの支払い権限を移す事

ドメインにはそれぞれ年間の維持費が掛かります。

お支払いをされた事があるかと思いますが、.comや.jpなどでそれぞれ維持費を支払っておられると思います。

そのドメインの維持費を支払っているのがドメインの正当な管理者という事になります。

その支払いをする権利を今の業者からあなたへ移す事で、ドメインが移管された事になるんですね。

常に管理代行会社を通して支払う

ドメインの維持費を支払う際はドメインの管理を代行する「代行会社」の管理画面を通して、クレジットカード等で支払う事がほとんどです。

その「代行会社」と呼ばれるのが、お名前.comやムームードメイン、バリュードメイン、X-domainなど、皆さまもよく耳にする会社の事になります。

具体的には上記の会社で会員アカウント(ドメイン管理アカウント)を開設し、そこに管理するドメインを設定する事になります。

管理画面上でドメイン情報が確認できる

アカウントを開設すると管理画面が利用できます。

その画面でそのドメインの有効期限だったり、ネームサーバー情報・Whois情報などが確認できる様になっています。

管理画面
管理画面

有効期限などを知らせてくれる

特に有効期限は重要です。たとえば仮にドメインの有効期限が残り1ヶ月などになると通知がきます。

登録されたメールアドレスに対し「有効期限が迫っています。お早めに更新手続きをおこなってください。」などのメールが届くのですね。

同じ感じで別の業者が管理画面で管理しているドメインが移管されれば、自分の開設したアカウントの管理画面内に表示される事になります。

これで自分が料金を支払う事ができるようになりますよね。

ドメインは複数管理可能

ちなみに管理するドメインは何個でも管理できます。

新しくドメインを取得する場合も基本はそのアカウントで取得・申込をします。すると管理画面にドメイン名が一つ増える訳ですね。

あわせて読みたい関連記事

付け替えの具体的な手順

付け替えの具体的な手順

前置きが長くなりましたが、ここでよく使われる代行会社「お名前.com」と「ムームードメイン」の2つを例にして、付け替えの手順をご紹介します。

ムームードメインの場合

ムームードメインのコントロールパネルへログインします。ログインには「ムームーID」と「パスワード」が必要です。

左袖メニューから「お問い合わせ」をクリックします。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム欄への入力内容

お問い合わせフォーム欄
お問い合わせフォーム欄

・メールアドレス
・ドメイン
・お名前
・用件欄は「ドメインの移管」を選択

上記を入力します。

お問い合わせ欄に、下記のような譲渡申請を入力送信します。

付け替えの際に送信するフォーム例

■ドメイン譲渡の申請です。

下記管理者へ譲渡いたします。
・現在ドメインを管理されている方の氏名
( lpeg_info )【 平成 太郎 様 】
・譲渡するドメイン名
【aaa.com】
・新しくドメインを管理される方の氏名
( reiwa2020 )【 令和 裕子 様 】

付け替えの元となる担当者と付け替え先となる担当者の両方から、お問い合わせフォームより同じ内容にて依頼しなければなりません。

違うムームーIDアカウントから同じ内容でで付け替え依頼のメールが届く事で、両者に移管の同意があると判断されるのです。

情報に不備が無ければ受理され、程なくしてムームーID間の付け替えがおこなわれます。

パスワードは必要なし

両者で事前にアカウントIDと名前の入力が必要ですので、事前にメールなどでお互いの情報を交換しておきましょう。パスワードは必要ありません。

両者でそれぞれお問い合わせフォームを送る必要があるので、間違いが無いようにしなければなりませんね。

お名前.comの場合

お名前.comの「ドメインNavi」にログインします。ログインには「お名前ID」と「パスワード」が必要です。

申込方法

開いた管理画面上部にある横並びメニュー(グローバルメニュー)の中から、「お名前.com会員情報」をクリックします。

お名前.com会員情報をクリック

左袖にあるサイドメニュー欄から「お名前ID付け替え」をクリックします。

お名前ID付け替えをクリック

移管をするドメインにチェックを付けます。

ドメインチェック

下にある「既存のお名前IDに付け替え」の欄に、移転先となる相手のお名前IDとパスワードを入力して、確認画面へ進みます。

既存のお名前IDに付け替え
既存のお名前IDに付け替えの欄

確認事項に問題がなければ申込を完了させます。

お名前.comでのID付け替えの注意!

上記まで説明をしましたが、ストップです!これはお勧めできない方法です。

普通にやると移転元に情報を教える事になる

上記の情報は管理を手放す「移転元」がおこなう作業になります。

上記の「既存のお名前IDに付け替え」を利用する時の「既存」とは、あなたのお名前IDおよびパスワード情報になります。

つまり相手に自分のログイン情報を提供してしまう事になります、危険だし正直教えたくないですよね。

ログイン情報を知られずに付け替えする方法

ここでログイン情報を知られずに付け替えができる方法があります。

まず移転元には、ここで既存のお名前IDに付け替えではなく、その下にある「お名前IDを新規発行して付け替え」を選んでもらいます。

お名前IDを新規発行して付け替え
お名前IDを新規発行して付け替え

つまり移転をさせようとするドメイン1件だけを管理した「新規のお名前.comアカウント」を開設してもらうのです。

開設してもらえばそのアカウントにドメインが移ります。

入力必須の情報部分を入力し、パスワードを適当に設定してもらいます。

その新設したお名前.comのログイン情報をあなた(移転先)に提供してもらいます。

あとはあなたがその新設アカウントから自分のアカウントに再度付け替えをすれば良いのです。

中継アカウントを利用して付け替えを2回おこなう

つまりID付け替えを移転元と移転先とで1回ずつ、合計2回おこなう事になりますね。

2段階の付け替え
2段階の付け替え

そうすれば間に新規アカウントが中継として入るので、移転元に直接自分のID・パスワード情報を教える必要がありません。

中継する新規アカウントのID・Pass情報のみを共有する事になります。

それぞれのおこなう付け替え

・1回目:元業者が自分のアカウントから中継用新規アカウントへ付け替える
・元業者が中継用アカウントの情報を移転先へ提供
・2回目:あなたが中継用新規アカウントから既存アカウントへ付け替える

今回新規開設したアカウントは中継のためだけに用意されたものですので、移転が終了したら放置で構いません。

移転後、新規開設アカウント内には何も管理されていない事になります。

補足

付け替えの際にそのドメインの「自動更新が設定中」の場合は付け替えをおこなうことができません。

ドメイン欄右端にある「解除はこちらから」をクリックして、ドメインの自動更新設定を解除した上で、再度手続きをおこなって下さいね。

いかがでしたか

以上の様にID付け替えができる様であれば積極的におこなった方が良いと思います。

作業の簡略化のため、代行会社はどこを使っているのか、移転元に差し支えない程度にお聞きして良いと思いますね。

この記事をシェアする

人気記事

Webworks関連記事