SSH接続でmysqlデータをサーバーにUPする

SSH接続でmysqlデータをサーバーにUPする

SSH接続でmysqlデータをサーバーにUPする

RloginでサーバーにSSH接続し、sqlファイルをインポートする方法をご紹介します。

phpMyAdminでもインポートできないサイズの大きいファイルをアップする事ができます。

sqlファイルは前もって、FTPなどでサーバー上にUPしておく必要があります。

SSH接続でsqlファイルをUPするには

前回「サイズの大きいSQLデータをサーバーにUPする方法」の記事を紹介しました。

bigdump.phpファイルを使って.sqlデータ(ファイルサイズが大きい)をインポートする方法でしたね。

ここでSSH接続でもアップができると述べておりましたが、内容は割愛していましたので本記事にてご紹介します。

いずれもファイルサイズが大きくphpMyAdminではインポートができない場合を想定しています。

SSH接続ソフト「RLogin」を使う

今回はWindows環境で、SSHクライアントソフト(SSH接続に使うソフト)として「RLogin」を使います。

RLogin画面
RLogin画面

SSH接続ソフトはPuttyやTeraTermなど様々なものがありますが、いずれも基本的には同じ操作ができます。

RLoginをダウンロードしても良いですし、手元にSSHクライアントソフトがあればそれを使って下さい。

RLoginの参考記事

SSH接続をした事が無い人へ

SSHは難しそうで戸惑うと思いますが、勇気を出してやってみる事に価値があります。

仮に入力ミスをしたとしても必ずエラーになるので、サーバーを壊したりはしません。

実際にインポートできた時のプチ達成感は、あなたを確実にレベルUPさせます。

是非トライしてみて下さい。

sqlファイルをインポートする前に

sqlファイルをインポートする前に必ずしておく事があります。

sqlファイルをFTPソフト等で前もってアップロードしておく事です。

アップロードする場所はルート(TOPディレクトリ)にしておきましょう。

sqlファイルアップロードに関する参考記事

サーバー接続情報の入力

では早速やっていきましょう。

初めて接続する際は、RLoginにサーバー接続情報を登録します。

新規ボタン

ソフト起動後、最初表示される接続先ウィンドウで右の「新規」ボタンを押しましょう。

サーバー接続情報

サーバー接続情報入力欄

接続に必要な最低限の情報は以下の3つです。

・ホスト名(サーバーIPアドレス)
・ログインユーザー名
・パスワード&パスフレーズ

これらを調べて入力しましょう。

上部のエントリーやコメント欄は、サーバー接続情報の見出しとして表示されます。
入れておけばわかりやすいですね。

サーバーへ接続

サーバー接続

完了したら、新しく追加したサーバー情報を選択して下の「OK」を押します。

きちんと接続できたら以下のような画面になります。

Welcome to FreeBSD! % ■

上記の様に表示されていれば、サーバー接続ができている事になります。

mysqlデータベースへのログイン

サーバーに接続したら、次はデータベースに接続していきます。

ここで必要になるのは以下の3つの情報です。

必要なDB接続情報

・DBホスト(mysqlサーバー)名
・ユーザー名
・パスワード

これらはレンタルサーバーのコントロールパネルなどに記載がありますので、前もって調べておきましょう。

ログインコマンド入力

mysqlデータベースサーバーに接続するコマンドは以下です。

mysql -u ユーザー名 -h データベースアドレス -p

各所に半角の空白が入っていますので、その通りに入れましょう。

例:mysql -u hogehoge -h mysqlxxx.db.sakura.ne.jp -p

最後の-pまで入れ終わったらenterキーを押します。次はpasswordを聞いてきます。

パスワード入力時

passwordは入力し始めても、画面に表示されませんしカーソルも動きません。

ですのでキーボードを見て確実に入力しましょう。

入力したらenterを押します。

mysql> ■

と表示されたらmysqlへのログインが成功した事になりますす。

エラーが出ても焦らずに

入力内容が間違っていたり、不足していたりすると見慣れないガイダンス・エラーが出ます。

その場合は焦らずに、内容を確認してもう一度コマンド入力をしてみましょう。

コピペは簡単

RLoginの場合、入力コマンドのコピペはすぐにできます。

編集メニュー操作

編集→コピー
編集→貼り付け

これを駆使すれば、同じ内容を何度も入力する必要がなくて便利です。

データベース操作・インポート

ではいよいよ、FTPソフトでアップロードしたsqlファイルデータをインポートしていきます。

sqlファイルをインポートするデータベース名を入力します。

データベース選択:「use」コマンド

use データベース名

データベース名が「hoge_databese」ならば、その様に入力してenterを押しましょう。

例:use hoge_database

データベースが選択されると次の様になります。

mysql> >■

「>」の付き方で、mysqlの中での操作だという事が何となくわかりますね。

インポートファイルの選択:「source」コマンド

次にインポートするsqlファイルを指定します。

source インポートするsqlファイルのパス

「source」コマンドを使い、sqlファイルの名前を「hoge_data.sql」としています。

例:source /home/hogehoge/www/hoge_data.sql

上記の様に、サーバーパス上のsqlファイルを指定する必要があります。

サーバーパスについて

sqlファイルを指定するには、現在のサーバー区画のサーバーパスを調べておく必要があります。

サーバーパスについても、コントロールパネルなどに記載があります。

インポート開始

入力できたらenterを押しましょう。するとインポートが始まります。

スピーディーにデータが下から上に流れていきますが、データの量によって数秒から数分で終了します。

最後に「mysql> ■」が表示されたらインポート完了です。

私の場合、7GB程度のファイルで10分から15分掛かりましたのでじっくり待ちましょう。

RLoginソフトの終了:exitコマンド

インポートが終わったらmysql >■に続けて以下のコマンドを入れます。

exit

「bye」と表示され、%の通常の状態に戻ります。

この後もう一度exitと入力してenterキーを押すと、接続が切れます。

これでphpMyAdminなどでデータベースを確認すると、きちんとインポートされていると思います。

SSH接続なら、かなりサイズの大きいファイルでもインポートできますので是非お試しください。

この記事をシェアする

人気記事

Webworks関連記事