Youtubeの動画を保存してオフラインで見る方法

Youtubeの動画を保存してオフラインで見る方法

Youtubeの動画を保存してオフラインで見る方法

Youtubeの動画を保存して視聴すれば、通信環境や料金を気にせずに閲覧できます。

Kingbox.アプリを使えば、アプリ内に保存したりカメラロール内に保存したりできます。

ダウンロードはWi-Fi接続中にするようにしましょう。ダウンロード不可の動画もあります。

Youtubeの動画を保存してオフラインで見る方法

皆さん日頃から、Youtube動画をよくご覧になると思います。

最近はCMで、Youtubeプレミアムに入ればオフラインでも動画を視聴できると唄っていますよね。

通信障害が起きていたりネットにつながっていない時でも、自由に動画が見れるのは確かに便利です。

料金を気にせずに視聴できる

そもそも外出時などWi-Fi環境でない場合は、視聴時に通信料が掛かってしまう事も心配ですしね。

スマホに保存した動画の視聴であれば通信料は全く掛かりませんから、気になる動画はオフラインで保存しておくべきでしょう。

本記事ではYoutubeプレミアムに入らずに、お気に入り動画を保存してオフラインでも見れるようにする方法をご紹介します。

動画を保存する方法

Kingbox.アプリダウンロード

今回Youtube動画を保存するために、「Kingbox.」(キングボックス)というアプリを活用します。

Appstore内のKingbox

まずは「Kingbox.」アプリを検索してダウンロードしましょう。

ダウンロードしたYoutube動画はこのアプリ内に保存する事になります。

Kingboxアイコン

ダウンロードが完了したらKingbox.のアイコンを開きます。

「ブラウザが新しくなりました」のガイダンスが出たら、そのまま続けるを押しましょう。

Kingbox.アプリでYoutubeを開く

ブラウズをタップ

開いた画面メニューにある「ブラウズ」をタップしましょう。

ブラウザをタップ

続けて「ブラウザ」をタップします。

Youtubeと検索

開いた画面の検索ボックス内で「Youtube」と検索を掛けます。

Kingbox.のアプリを通して目的の動画まで進む

検索リストからYoutubeの欄(リストのどれでもOK)をタップすると、下に展開メニューが表示されます。

このままKingbox.で開くのメニュー

「このままKingbox.で開く」を押すと、Kingbox.アプリを通じてYoutubeが開きます。

自分が保存をしたいYoutube動画を検索し、サムネイルをタップしてまずは再生します。

動画のダウンロード

動画再生中に+マークをタップ

再生中の画面で一番下を見るとメニューが並んでいますので、真ん中付近にある「+」マークをタップします。

Are you OK?をタップ

OKをタップ

すると「Are you OK?」と聞かれますのでそのままタップし、続けて「OK」をタップします。

動画に名前を付ける画面

ファイル名を決定できる画面が表示されますが、そのまま「OK」をタップしましょう。

ダウンロードの間広告が流れる

CM

この後自動で配信される広告が表示されますので、消せるようになるまで待ちましょう。

CMを閉じるマーク

右上に上記画像の様なマークが出ますので、それが出たらタップして広告を閉じる事ができます。

動画の保存完了画面

この広告表示が終わる間に動画が保存されているという訳です。

保存された動画の確認

ホームからコレクション

Kingbox.の左上にあるホームを押し、メニューから「コレクション」をタップしてみましょう。

保存された動画リスト

自分が保存した動画がコレクションの一覧の中に表示されていると思います。

保存された動画の再生

ここから保存された動画をタップして再生できるという訳です。

もちろんYoutubeは開いておらず、オフライン状態での視聴になっています。

保存した動画をカメラロール内に保存し直す

それでは次に、Kingbox.内に保存した動画をスマホのカメラロール内に移動させる方法をご紹介します。

Actionsをタップ

先ほどのコレクションの画面右上に「Action」メニューがありますので、それをタップします。

動画リストにチェック項目がつく

すると保存されている動画リストが表示され、左にチェックマークが付けれるようになっています。

保存したい動画にチェックを付けましょう。

メニュー群を左にスワイプ

メニュー全体を左にスワイプ

チェック後に画面下のメニュー群を左に一つスワイプすると、次のメニュー群が表示されます。

カメラロールをタップ

この中に「カメラロール」がありますので、それをタップしましょう。

※動画にチェックを付けていないとカメラロールは押せません。

初回のみ写真へのアクセスガイダンスなどが出る

一番初めは写真へのアクセスを許可する必要があり、カメラロール内が表示されますので右上の「OK」を押しましょう。

これで先ほどチェックを入れた動画がカメラロールに保存されます。

保存OKの画面

2回目からは、ガイダンスなしで保存されましたと表示されます。

カメラロール内の動画の確認

それでは動画が保存されているかどうかを確認するため、写真アプリをタップしましょう。

写真のリストの下に動画が保存されている事がわかると思います。

実際にサムネイルをタップすると動画が再生されます(音量に注意して下さいね)。

これで好きなYoutube動画を通信環境を気にせずにいつでも再生できる様になりました。

注意点

ダウンロード時は通信料が掛かる

保存さえしてしまえば、確かに通信料を気にせずに動画を視聴できるのですが、ダウンロード中は別です。

動画のダウンロード時は通信料が掛かるので、動画のダウンロードはWi-Fi接続時にするようにしましょう。

前持った準備が必要ですね。

ダウンロード不可の動画もある

動画中にはダウンロードを禁止しているものもあります。

その場合はダウンロードする事は違法になりますのでオフライン保存はしてはいけません。

ルール通りYoutubeアプリの中で視聴するようにしましょう。

ダウンロードをする様になって初めて、きちんとルールが設けられている事がわかると思います。

この記事をシェアする

人気記事

Webworks関連記事