WEBスクレイピングの活用事例(9つのソリューションから考察)

WEBスクレイピングの活用事例(9つのソリューションから考察)

WEBスクレイピングの活用事例(9つのソリューションから考察)

WEBスクレイピングは特定ルールに基づいたツールを駆使して、WEBデータ情報を抽出・収集する事です。

市場価格調査や競合他社調査、製品の評判やレビュー収集、見込み客・人材リスト作成、ブランド監視などその活用用途やレベルは広がっています。

最先端の9つの活用事例でWEBスクレイピングの大きな可能性についてご紹介します。

WEBスクレイピングとは何ですか?

WEBスクレイピングは「WEBデータ抽出」とも呼ばれ、WEBサイトからデータを取得するプロセスを指します。

手作業でデータを抽出する従来の平凡で面倒なものとは異なり、システム化され自動化された技術になります。

WEBスクレイピングは、星の数程ある膨大な量のWEBサイトから、数百万、数億にものぼる対象データを一気に取得する事ができる利点があるのです。

コピペをすればWEBスクレイピングです。

WEBサイトから必要な情報をコピーして、Excelファイル等に貼り付けた事ってどなたでもありますよね?

もちろん私も常にやっています。

これで多かれ少なかれ、WEBスクレイピングをした事になるのです。

個人が手作業でやる分にはさほど大きな影響はありません。これをシステム化するかしないかだけのお話です。

スクレイピングの大きな将来性

このWEBスクレイピングは今、日本を含む世界中の団体・企業にとってなくてはならないビジネスツールになりつつあります。

WEBスクレイピングの魅力は、ビジネスアプリケーションとして構築する事で、目的に応じた情報を収集したり分析能力を強化できる点にあります。

WEBスクレイピング駆使すれば、サービス・製品の発案から個々のカスタマーサービスエクスペリエンスに至るまで、革新的な行動を取れるようになります。

WEBスクレイピングの基本

WEBスクレイピングは実は非常にシンプルなプロセスです。

「WEBクローラー」と「WEBスクレイパー」の2つの仕組みで機能しています。

それぞれの役割

WEBクローラーは「誘導者」であり、WEBスクレイパーは「抽出者」であると言って良いでしょう。

WEBクローラーはWEBスクレイパーをWEB上のポイントへ誘導し、WEBスクレイパーが対象内で要求されたデータを抽出します。

クローラー

一般的には「スパイダー」と呼ばれ、WEBサイトのリンクをたどって、サイト内を巡回・診断してコンテンツのインデックス作成と検索を行います。

Googleのクローラーが有名ですよね。

つまりあなたの所有するWEBサイトも常にクローラーの巡回を受けているのです。

スクレイパー

WEBスクレイパーは、WEBページからデータを正確かつ迅速に抽出するように設計された専用ツールです。

収集するデータの目的や計画によって、その複雑さ・内容・精度も大きく異なってきます。

WEBスクレイピングの5つのプロセス

1.スクレイパーの開発

まずは情報収集をしたい側が、目的のWEBサイトから必要なデータを抽出する事に特化した、固有のスクレイパーを作る必要があります。

2.データ収集

収集データは主にHTML形式で取得されます。それを慎重に解析して余計なノイズを省き、必要な生データを抽出するのです。

データは名前や住所などの単純なデータの場合もあれば、高次元の気象データなどの視覚確認がしずらい数値データの場合もあります。

3.データの保存

最終的にデータはプロジェクトに沿った仕様(リストなど)形態で保存されます。

一般的に「CSV、TSV、JSON」などシンプルな未加工の形式で保存する事になるでしょう。

企業ではサードパーティのデータベース等と連携して、選択データを表示・操作するシステムで活用されます。

4.データの分析とアクション

最終的に、この柔軟性の高いWEBスクレイピングのデータから目的を最大限に満たすようなデータ分析をおこなう事になります。

5.データに裏打ちされた価値あるアクションへ

このデータ分析を元に、利用者はケースに応じて次の様な行動を起こします。

・ファッション系小売業者…未開の最新トレンドをデザイナーと発信
・投資家…株式ポジションの期間を計る
・マーケティングチーム…ビジネス競合先の一歩先をいく手立てを打つ
・ブロガーなどのインフルエンサー…競合他社の少ないWEBページの制作

そして自身が動いたことによる影響データを取得して、さらに分析を重ねていくという形でサイクルを回すのです。

活用事例1:データ抽出による収益性ある価格の決定

WEBスクレイピングによるデータ抽出を使えば、オンライン上の価格が常に把握できます。

それはつまり常に収益性の高い価格を決定する事ができる事を意味しています。

WEB上の競合他社の値動きを監視することは、今日の電子商取引企業にとって必要不可欠な要素です。

市場の価格をリアルタイムに把握

収益性の高い価格決定を行うには、リアルタイムで信頼性の高いデータソースにアクセスできる必要があります。

大規模な価格のモニタリングにWEBスクレイピングのデータを活用すれば、企業は市場全体の価格動向を把握できるようになります。

動的な価格設定と収益の最適化を促進していけば、常に競合他社の戦略の一歩先を行くことができる訳です。

競合他社監視コストの大幅ダウン

製品の価格を調査して競合他社を追跡する事は、WEBが普及するはるか昔から人の手によっておこなわれていました。

しかし今日、WEBの普及によって分析が必要な他社データの規模と範囲は恐ろしいほどに広がりました。

とても手作業でできる代物ではありません。

人的コスト・リソース不足の解消に

しかしWEBスクレイピング技術の登場によりオンラインで市場調査ができるようになり、他社分析に割いていた人的リソースが少なくなってきます。

現在はビッグデータと機械学習技術の進歩により、競合他社の監視機能を以前の数分の1のコストで構築できるところまで来ているのです。

活用事例2:製品を作る基盤となる高品質データの提供

メーカーは、本来は「製品を作る事に集中したい」という特性があります。

しかし一つの製品を作るためには膨大な競合他社製品のデータや市場データ分析が必要になります。

売上を上げなければならない以上、それを怠る訳にはいきません。

そのデータ分析サポートに、このWEBスクレイピングが役に立つという訳です。

製品トレンド監視

製品というものは一度作ればそれで終わりではありません。そのトレンドが常に移り変わるからですね。

その移り変わりのシフト(期間)は長くてゆったりとした場合もあれば、ファッションやテクノロジーと同様に急速な場合もあります。

そのどちらであっても、将来のトレンドを最も正確にかつ遠くまで見通せる人が、競争でトップを取れるのです。

製品トレンドの変化を迅速に把握する

オンラインによる製品データの収集分析は、この製品トレンドシフトの監視に最適です。

収集データを製品管理システムに統合すれば、企業にとってより遠くを見据え、より正確に予測し、長期的な収益成長を促進する事が可能になります。

同時に製品の監視機能も持つ事ができれば、企業は常にリスクを軽減しつつ成功できる製品の生産・販売のみに注力する事ができます。

活用事例3:WEB抽出データで市場調査を加速できる

市場調査をするのは、競争の激しいビジネスにおいて重要なファクターですよね。

WEBデータの抽出による市場調査は、市場の動向分析や価格分析、競合他社の監視などが含まれます。

この多岐にわたったデータ群を分析ワークフローに組み込む事で、ビジネスにおいて常に優位に立てる方策が考案できます。

非データによる分析もまだ現役

実は未だに多くの企業で、非データ主導による競合他社の分析法が採用されている事も事実です。

この非データによる分析は分析側の主観がどうしても色濃くなり、本当に発見するべきポイントを見落とすリスクが発生します。

WEBデータ抽出を使った実践的で体系的なモニタリングプロセスを実践する事で、主観に捕らわれず、市場の変化にすばやく対応する事ができます。

さらに収益や市場シェア、成長機会を最大化する強力な利点をビジネスに提供できるようになるのです。

競合他社の主な監視内容

企業は競合他社に関する公的入手が可能なデータ、特に製品データに関しては喉から手が出るほど欲しています。

WEBスクレイピングされた製品データを効果的に使用すると、競合他社に関する以下のようなデータを取得する事ができるためです。

・競合他社の製品ポジショニング
・競合他社の将来の製品発売
・競合他社の販売およびプロモーション戦略
・競合他社の製品に対する顧客の反応

オンラインショップにとってのWEBスクレイピング

大規模な予算を投じる企業ばかりが関係するお話ではありません。

売上規模に関わらず、オンラインショップ運営者にとってもWEBスクレイピングは重要です。

取得した他ショップの製品データ画像を分析して、キャッチコピーや製品の説明文など見せ方を修正する事もできますよね。

さらに他社を分析する事で、SEO検索順位の向上(トラフィック向上)につなげたり、未開の市場シェアを獲得して収益性を上げる方法も見えてくるのです。

活用事例4:投資意思決定のための財務データ分析

ファイナンス用のWEBスクレイピングデータ活用は、最も競争力が高く革新的な手法です。

実際にヘッジファンドや投資銀行、プライベートエクイティ企業は、過去のリアルタイムなWEB抽出データを利用・分析して、投資意思決定に活用しています。

製品データレビューを通して財務データの見立てを図る

特定の持ち株会社の財務状況を正確に予測する手立てとして、その会社の主要製品が市場でどのように流れているかを知る事が重要とされています。

一般的に会社の業績や実際の報告収益の発表は、どうしても遅延が発生します。

後々出てくる実データのみで判断すると事前に正確な予測を立てる事ができず、分析レポート自体の有用性が疑われる可能性にもつながります。

製品データのライフサイクル分析

そこで投資家は市場に出回る該当会社の製品ライフサイクルを分析するのです。

製品データやレビューに関する情報を積極的に収集すれば、会社の財務データについてより精度の高い「仮説」を立てる事ができるという訳ですね。

スクレイピングにより、製品データやレビューだけでなく会社に言及したSNSや口コミの出現頻度・内容を取得し、会社の軌跡に関する有用データも生成できます。

活用事例5:WEBデータ抽出によるブランドデータの監視

今日の競争の激しい市場では、自身の評判を保護する事が最優先の事項です。

リアルタイムなブランドデータを監視していないと、いざブランドの評判が損なわれている時に迅速な対応が効かず、ビジネスが悪化する可能性もあります。

WEBスクレイピングを導入すれば、自社に関する新しい言及やレビューに関する高品質かつリアルタイムなデータを確保する事ができます。

活用事例6:販売マーケティングリスト作成による収益増加

WEBサイトの訪問するユーザーは常に購入する準備ができているわけではありません。

サイトを訪問した時点では、買う気がないユーザーがほとんどなのですね。

しかし結果として商品を購入していくユーザーが確実にいるのです。

潜在顧客を知る事が利益へとつながる

「結果的に購入していく」このようなユーザーを開拓するためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

それにはまず購買ターゲットがどのような層であり、どこにいるユーザーかを分析するところからが始まりですよね。

そのためにWEBサイトやイベント、SNSプラットフォーム、ビジネス内部データを最大限に活用する必要があります。

見込み客の確保となるデータベースの構築

インバウンドに関する最近のレポートでも、トラフィックと主導性を生み出すことが最大の課題であると、インバウンドマーケターの6割以上の人が述べています。

そのためにアウトバウンド、アカウントベースのマーケティングおよびリターゲティング等のテクノロジーを駆使しているのです。

ターゲットを絞った見込み客リストのデータベースを構築する事は非常に重要なのです。

活用事例7:人材募集

人事採用業界は、意思決定におけるデータ使用機会の増加により、大きな変化を遂げる可能性のある分野です。

求人業界に変革を起こせる程の「鉱脈」を持っている事に気づいていない人事部チームが以前多いですね。

人材における情報もWEBから取得し、構造化された形式に変換して分析できる様になればしめたものです。

それにより採用者は関係構築やネットワーキング、最高の人材の採用など重要な部門に専念ができます。

データ抽出で獲得できるソリューション例

・求人情報
・候補者のソーシング
・給与レベル
・福利厚生
・労働時間や休み
・市場の洞察
・その他質の高いデータソース

以上のソリューションを持つ事で、ますます競争が激化する労働市場においてより良い雇用決定につなげる事ができるでしょう。

活用事例8:内部データ処理のオートメーション化

現代の企業は独自に保有する多くのデータソースがあります。

本来は会社全体でそのデータを統合・共有し、それを必要とする全ての人が活用できるのが理想なのです。

そのためにはデータソースを整理する専用のツールやインターフェース、その他の端末ネットワークでつなぐのが最も簡単なのですが、実際にはそんなに上手くはいきません。

大体、その必要なデータ専用ツール自体が存在しないし、データ自体もニーズを満たすには不十分な時もあります。

社内データの収集・分析は自動化するべき

手動によるデータ収集は複雑で不確実であり、その精度は決して高いとはいえません。

不正確で不十分なデータでは、実用的な分析情報を提供する事も、ビジネスの成長を促進する事もないと言えます。

こういった社内データを収集・分析するのがスクレイピングの真骨頂です。

手動ではなく自動でデータ収集ができるように、専用のインターフェースとシステムを確立するべきです。

活用事例9:最低価格違反に対処

小売業者が製品を販売する場合、一般的に設けられた「最低販売価格」が存在し、その価格を守る必要があります。

常にPRされている最低価格に違反がない様に注意を払う必要があるのですね。

これを怠っていると値崩れを起こして、利益の大部分を消費するだけでなくブランドや製品の評判を損なう恐れがあります。

しかし手動で価格監視することは、もう不可能ですよね。

ブランド維持のための価格戦略はそもそも、全ての環境でこの価格が適切に遵守された場合に限り有効なのです。

最低販売価格違反を放置したままにならないよう、データを収集して監視する必要があります。

まとめ(利用規約による違法行為に注意)

WEBスクレイピングの活用事例についてまとめました。

WEBスクレイピング技術は様々な目的達成のために使われる事が多いです。

それまで人の手と膨大な時間を使って行われていた情報収集作業を自動化できる最大のメリットがあります。

仕組み作りさえできてしまえば、常に目的に応じたデータを吸い上げる事ができ、常にリアルタイムに市場変動に対応する事が可能になります。

WEBスクレイピング禁止事項に注意

ここで誤解しないで欲しいのが、ツールを作ったらどのようなWEBサイトでも「見境なしにスクレイピングしていい」とは言ってません。

クロール・スクレイパーによる情報取得を禁止しているWEBサイトもあります。

WEBサイトの設定した利用規約に注意

対象のWEBサイトが設定したスクレイピングに関する利用規約に違反すると、違法とみなされ法的措置をとられる可能性もあります。

クロール行為自体が一部のWEBサイトの利用規約に違反している可能性も踏まえておく必要がありますね。

スクレイピングをする際は注意が必要です。

この記事をシェアする

人気記事

Webworks関連記事