知っていましたか?SEO対策は【検索順位を上げる事ではありません】

知っていましたか?SEO対策は【検索順位を上げる事ではありません】

知っていましたか?SEO対策は【検索順位を上げる事ではありません】

あなたはSEOの目的は何だと思いますか?

SEOの目的は何だと思いますか?

SEO対策をする一番の目的は何でしょう。Googleの検索結果で自分の要望するキーワードで1位を取る・上位表示させる事でしょうか。

もしそう思っていらっしゃる方がいれば、それは間違いと言えます。

ではいまこの時代における「SEOとは何か?」この問題についてもう一度考えて欲しいと思います。

検索エンジンと検索順位について正しい理解を持つことで、あなたのSEOに対する考え方が変わると思います。むしろここで是非変わってもらいたいと私は思っています。

SEOにおける大切な考え

SEOにおける大切な考え

SEOにおいて大切なのは、訪問者の目的ニーズをしっかり把握して、それに接点を持ち対応する良質なWEBサイトを維持していく事と言えます。

この場合検索ニーズを決定するのは、運営者であるWEBサイト側ではありません。検索する訪問者・ユーザー側ですよね。

つまり検索キーワードを決定するのはあなたではないのです。

今までの一般的な認識

例えばとある美容室のSTAFFの中にWEBサイト担当者がいたとします。

制作会社に美容室のWEBサイトを制作してもらったので、これからこのWEBサイトで美容室の集客を始めていかなければなりません。

そこでその担当者はSEOを専門としているサービス会社に依頼をして、「エリア名+美容室」のキーワードでWEBサイトの検索順位を上げてもらう様に考えていたとします。

ここまで、このWEB担当者の考えは間違っていないと思われるでしょう。

少し勘違いをしています。

ここで勘違いをしているというのはなぜか。それは、検索で見つけたSEO会社に依頼をしても、その「エリア名+美容室」のキーワードでは検索上位に上がったりしないからです。

しかも、仮にWEBサイトに大きく手を加える事無くSEOの話が進んだとしたら、そこで支払った費用は無駄になる可能性があります。

SEOで検索順位が上がるものではない

SEOで検索順位が上がるものではない

よくWEB上にはSEO対策を専門にしているサービス会社がごまんとありますよね。検索をすれば数多くのサービス会社がヒットします。

そのSEO会社は全て「その技術に差はあるけども、往々にして検索上位を取ってくれる会社」だと思っていないでしょうか。

実際問題そんなに甘い話はありません。その地域にどれだけの美容室があるかにもよりますが、激戦地区であればなおさらです。「エリア名+美容室」での検索順位は簡単に上がったりはしないのです。

SEOはお金で検索順位を買うシステムではない

もしお金を払ったら払った分だけ順位上がる様なSEO対策の会社があったならば、「美容室」のキーワードで検索して表示されるWEBサイトのうち、一番お金を払った会社が1位に表示されることになりますよね。

それはつまり資本至上主義になり、費用を出せる運営者しか検索順位で上位を取れない事になります。

検索の本文から離れれば品位に関わる

それは「検索キーワードに一番マッチする美容室WEBサイトを表示する」という検索システムの本文から離れたものになりますね。

逆にその順番で並んでいるような検索サイトをユーザーは使い続けるでしょうか。使い続けませんよね。

それはひいては検索システムを提供している会社の品位に関わります。なのでGoogleはそんなことはしません。

検索ユーザーに応えるサイトに最適化する

SEOとは「検索エンジン最適化」と呼ばれるマーケティング手法を指します。決して広告ではありません。広告はリスティング広告が別にちゃんとありますしね。

検索エンジンの向こう側にいる訪問ユーザーのニーズに応える商材やサービスを用意して、美容室のWEBサイトを検索ユーザー向けに使いやすいサイトに変えていく事を指しているのです。

ですのでWEB担当者が真のSEO業者に出会ったら、「エリア+美容室」では上位に来ませんよ、と言われるかも知れませんね。

まずは検索ユーザーの「ニーズを知る事」がSEOの第一歩です。

本当の意味で「SEOができる会社」に出会えば、担当者はまず訪問ユーザーが検索するキーワードは「エリア+美容室」だけではない事を知る事になるでしょう。

検索順位をコントロールしているのは大手企業Google

検索順位をコントロールしているのは大手企業Google

Googleは常に検索されたキーワードに対する最適解を出す努力をしていますが、同時に検索結果を操作されないようにシステムコントロールを重ねてきました。

強引に順位が上がる様な仕組みや工作を展開しても、Googleにすぐに察知されてペナルティを受ける事になりますよね。

つまりそれにも多大な労力とコストが掛けているのです。それにはちゃんとした理由があります。

Googleの企業としての信用が掛かっている

検索システムはGoogleが代表とする大切な商品ですから、そこでの「検索結果=Googleの品質」といっても過言ではありません。

検索結果の質を大切にする事は検索結果の恣意的な操作を防止する事でもあり、それによりGoogleに対する信頼を維持しているのです。

そのためにGoogleはこれまで豊富な経験を積み重ね、様々な品質評価ルールを設けて厳正にWEBサイトを評価しています。

その意味で今まで培ってきたノウハウによる検索結果をすぐにひっくり返すような事は不可能だと言えるのです。

WEBサイトを正確に把握する日々の努力

Google側も、そのWEBサイトがどのような作りのものであってもその全容を漏らさず把握できる様に努力をしています。

例えば昔は動的なURLやJavascriptなどが認識されずらかったりしていましたので問題もあったのですが、今はほとんど問題は解消されています。

動的URLやJavascriptを使っているあなたのサイトの把握にGoogleは一生懸命努力を重ね、今は対応ができるようになっているのです。

検索品質サポートの向上

検索語句に関しても昔は類似単語をたくさん並べないと対応しなかったのですが、今は「RankBrain」と呼ばれる機械学習のアルゴリズムが追加された事で、表記違いや語順などは意識する必要が無くなりました。

※RankBrainに関してはまた別記事にてご紹介します。

そういった検索サポートをGoogleはコストを掛けてずっと続けているのです。

それに対してWEBサイトの運営者側はお金を出したりはしていませんよね?

本当に品質の高いWEBサイトを自動で把握できる様に・取りこぼしが無いようにするため、常に検索精度の向上を検索システムは心がけています。

順位を上げるのではなく上位に来るようにWEBサイト側を変える

順位を上げるのではなく上位に来るようにWEBサイト側を変える

極論、今の「SEO」とはWEBサイトの検索順位を向上させる作業ではなく、まずはキーワードを探るマーケティングから始まります。

しかも検索キーワードを探るにあたり、あなたのWEBサイトおよびお店の存在が軸になるのではなく、「検索ニーズ」が軸になります。

潜在する訪問者の検索ニーズを調べて、それに向けたWEBサイトの構築・改善がされていかなければなりません。

訪問者の検索ニーズとは「訪問者の目的」でもあります。その目的に最大限対応できるようにWEBサイト内のコンテンツを作り、準備していくのです。

ですので先にWEBサイトありきで作ってしまうと、場合によっては大幅な見直し変更が必要になる場合もありますよね。

訪問者のニーズに応えるサイトに変化させ続ける事

Googleの進化とともに検索アルゴリズムも追加・アップデートを繰り返し、内容や判定基準も常に移り変わっていきます。

それに対応するようにあなたのWEBサイトも変わっていかなければなりません。

訪問者のニーズを知り、検索されているキーワードを知り、それに向けて常にWEBサイトを最適化(変化)させる事が必要です。

結果、検索順位が変わるのではなく、美容室のWEBサイト側が変わる事になりますね。

SEOの原点回帰

SEOの原点回帰

今も昔も人は目的を持ち、その目的を満たす事で社会は発展・循環していると言えます。

昔はTVや新聞・雑誌などのマスメディアがお客様の目的を満たすものを紹介していましたが、インターネットの世界では検索システムがその窓口の代わりとなっています。

お客様の目的はそこで「検索キーワード」に形を変えて現れます。その目的に合わせたコンテンツを作り、WEBサイトをそのニーズに合わせたものにする事。

これが本来のSEO対策であり今も昔もその主旨は変わっていないはずなのです。でもいつの間にかSEOは「検索上位を取るサービス」と呼ばれていましたね。

一時的に脇道にそれて起きた「まやかし」

しかし今現在インターネットの世界は、膨大な数のWEBサイトで埋め尽くされています。

それは今もなお信じられない速度で増え続けています。

SEOが「検索順位で上位を取れるサービス」として広まったのは、WEBサイトがまだ少なくまた検索システムも不十分だったため、一時的に脇道にそれた結果起きた「まやかし」と言えるかもしれませんね。

これだけWEBサイトの数が存在する中で、WEBサイト自体は変わらずにキーワードによる検索順位だけを向上させる事は、もう不可能に近いという時代ですよね。

ここで原点に立ち戻る必要があります。

ここで一回りして、目的に合わせたコンテンツを作り、WEBサイトをそのニーズに合わせたものにする事という、SEOが本来持つテーマに戻ってきたと考えられるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

人気記事

SEOカテゴリの関連記事