iPhoneで写真からGIFアニメーション動画を作成する(標準アプリ・簡単アプリによるGIFの作り方)

iPhoneで写真からGIFアニメーション動画を作成する(標準アプリ・簡単アプリによるGIFの作り方)

iPhoneで写真からGIFアニメーション動画を作成する(標準アプリ・簡単アプリによるGIFの作り方)

iPhone標準搭載アプリ「ショートカット」でGIF動画を作成する事ができます。

外部アプリの場合も無料アプリ「GIFトースター」で簡単にアニメーションGIFを作る事ができます。

アプリはほかにもたくさんあるので試してみましょう。

iPhoneで写真からGIF動画を作る

本記事ではiPhoneのアルバムから簡単にアニメーションGIFを作る方法をご紹介します。

iPhone標準のアプリを使った方法と、無料外部アプリを使って本格的なGIF動画を作成する方法の2つです。

いずれも簡単に作成できるので大変便利です。

ショートカットアプリの設定準備

まずはiPhoneに最初から入っているアプリを使ったアニメーションGIF動画の作り方です。

動画にする素材(写真)は、前もってスマホの中に準備しておいて下さいね。

ショートカットアプリ

使うアプリは「ショートカット」です。

このアプリを使ってGIF動画を作成する工程をショートカット(自動登録)します。

ショートカットアイコン

iPhoneでショートカットアプリを開きましょう。

ギャラリー

すべてのショートカットの画面が開いたら、画面下にある横並びメニューから「ギャラリー」をタップします。

ショートカットの作成

ギャラリーではたくさんの項目が縦に並んでいますので、迷わない様にしましょう。

スクロールして「GIFのためのショートカット」というメニューを探してください。

GIFのためのショートカットメニュー

項目を見つけたら「写真をGIFに変換」というパネルがある事を確認します。

パネルの右上にある「+」マークをタップすると「レ」に変わります。

マイショートカット

タップし終わったら、画面下横並びメニュー内にある「マイショートカット」(先ほど押したギャラリーの左端)をタップしましょう。

写真をGIFに変換パネル

すべてのショートカットの画面に戻りますが「写真をGIFに変換」パネルが上部にできていると思います。

写真をGIFに変換ショートカットの編集

点線タップ

「写真をGIFに変換」の右上についた「…」マークを押します。

登録済みアクション

すると既に4つほどのアクションが登録されていると思います。

・写真を選択
・写真からイメージを取得
・イメージからGIFを作成
・GIFをQuick Lookで表示

おそらく上記のような感じだと思われます。

自動でアニメーションGIFを作成する手順が、4つまででき上がっている訳ですね。

※ショートカットアプリの機能により自動作成されています。

GIFの保存アクションの追加

既に4つ作成済みなので、5つ目として作成したGIFの保存アクションを追加します。

写真アルバムに保存

画面中央の「次のアクションの提案」の欄に「写真アルバムに保存」というメニューがあります。

そのメニューの右端にある「+」をタップしましょう。

GIFを最近の項目に保存

するとこのメニューが「GIFを最近の項目に保存」という名称で、5段目のアクションとして追加されます。

GIFの保存先を決定する

最近の項目をタップ

保存先を変えるため「最近の項目」の部分をタップすると、アルバム内の任意の場所が選択できます。

保存先の選択

保存先は写真アプリ側で作れる

すでにアルバム名を作っている場合は、それを選択しましょう(上の画像だと「壁紙」など)。

GIF専用の保存先を新しく作る場合は、事前に写真アプリ側で作っておく必要があります。

写真アプリで「アルバム」タブを開き、左上の「+」マークをタップすると新しいアルバム名が作成できます。

※特に必要なければ「最近の項目」のままでOKです。

Twitterも選べる

ここでTwitterを選ぶ事もできます。

これを選択すると作成したGIF動画がTwitterに投稿されますので、投稿する前には十分な確認をしましょう。

GIF動画を作成する

ここまでは、GIF動画を作るまでの工程を登録した事になりますね。

あとはこのショートカットを実行して、GIF動画を作っていきます。

GIF動画用の写真の選択

ショートカット再生

画面右下にある「ショートカット再生」マークをタップしましょう。

これにより先ほど設定した「写真をGIFに変換」ショートカット内のアクションが上から順に実行されます。

・写真を選択
・写真からイメージを取得
・イメージからGIFを作成
・GIFをQuick Lookで表示
・GIFを最近の項目に保存

まずは写真選択のアクションからになりますので、写真アプリが開きます。

写真選択

写真を選択したら(チェックを付けたら)、右上にある「追加」をタップします。

するとその他のアクションが実行され、アニメーションとなったGIF動画が再生されます。

これで4つ目の「Quick LooLで表示」までが終了した事になりますね。

完了をタップ

作成されたGIF動画に問題なければ、プレビュー動画の左上にある「完了」をタップしましょう。

写真をGIFに変換のページ

画面が「写真をGIFに変換」のページに戻り、GIF動画も表示されていると思います。

これでアニメーションGIFの作成が完了しました。指定したところに保存までできています。

写真アプリ内を確認

写真アプリから画面下にある「アルバム」タブを開き「最近の項目」を開いてみましょう。

保存先を別のところにした場合は、そこを開きます。

先ほど保存したGIF動画がありますのでそれをタップしてみましょう。

GIF動画が保存されている事が確認できます。これでショートカットアプリでのGIF作成は完了です。

別のアプリでGIF動画を作る

もう一つ簡単な動画作成アプリを使ったアニメーションGIF動画の作り方も紹介します。

アプリ名は「GIFトースター」です。

GIFトースター

GIFトースター

App StoreからGIFトースターで検索して、アプリをインストールしましょう。

目的選択

写真>GIF

最初にこのアプリを開いた時、上記の中から目的を選択する事になります。

この中で今回は「写真>GIF」を選択します。

写真選択

写真アプリ内が開きますので、GIF動画にしたい写真を順番に選択します。

※選択した順に番号が付きます。

選択したら画面右上の→マークをタップしましょう。エディタページへ進みます。

豊富な動画編集機能

エディターページ

エディタページ内メニュー

エディタページは画面下に様々なボタンが表示されています。ここから画像を加工する事ができます。

主なアイコンを紹介します。

PREVIEW

まずは左端の「PREVIEW」を押しましょう。プレビュー方式は「全体30フレーム」を選択します。

これでアニメーションの動作が確認できます(繰り返し)。

STOPを押すと動画は止まります。

FRAME

写真フレームのカット

ここで選択した写真は動画から削除されます。最低2枚の写真になるまでカットする事ができます。

追加する場合はエディターページ左上の「戻る」を押して、先ほどの写真選択から追加をし直しましょう。

10.0x

フレームレート

フレームレートと呼ぶとわかりやすいかも知れませんが、要は再生速度です。

この数値を大きくすればするほど早く滑らかに切り替わります。

無償版の限界速度は「10.0x」までであり、それ以上早くする場合は有償版が必要になります。

DIRECTION

DIRECTION
タップするごとに赤い矢印になり、再生パターンが変わる

再生する順番を以下から選択する事ができます。

・再生
・逆再生
・再生~逆再生
・逆再生~再生

FILTER

画像フィルター

写真の明度や彩度など、様々な画像フィルターを使う事が可能です。

これは動画全体に対して及ぶ効果なので、写真1枚ずつに対して個別の設定はできません。

フィルターを掛けたとしても、一番左のORIGINALを押せば初期状態に戻ります。

CROP

トリミング

画像の任意部分を切り取りする事ができます(枠ハンドルをドラッグしてトリミング)。

切り取った後も元に戻す事ができます。

BANNER

テキスト・バナー挿入

他にも画像の上にテキストを入れたり別画像を載せたりする事もできます。

その他にも全体の横反転・縦反転などをさせる事もできます。

GIF画像の出力・保存

加工が済んだら、最後に作成した動画を保存していきます。

エディターページの矢印をタップ

解像度選択パネル

エディター画面右上の→マークを押すと、解像度の選択パネルが表示されます。

選択できる解像度には限度があり、赤線がしかれているところは有償版でないと利用できません。

無料版ならば、それ以外を選択しましょう。

レポートページに飛び、完成したアニメーション動画が表示されます。

レポートページ

SAVE

保存は、下にあるメニューからSAVEを押しましょう。

SAVEの画面

・この機器に保存
・アプリのアルバムに保存

以上のどちらかを選択して保存できます。

アプリのアルバムに保存する場合、GIFアルバムのタブから先にアルバム名を作っておく必要があります。

SHARE

他のアプリでGIF動画を共有するなら、SHAREを押します。

SHAREの画面

LINEやTwitterを選択する事ができますが、このまま投稿しても動画としては動きません。

一度SAVEで端末内に保存してから、SNSへ投稿する必要があります。

GIFトースターの注意点

GIFトースターは、フレームの入れ替えや再生速度の調整など基本的な機能は備えています。

簡単なGIF動画であれば問題なく作成できるでしょう。

ただし作成したGIF動画を、そのまま直接SNSへ直接投稿する事はできません。

それから一度作って保存したGIF動画は再編集する事もできません。作り直しになります。

作成中に全面広告などが出る場合もあります。

この記事をシェアする

人気記事

iPhone関連記事