AssistiveTouchボタンスクリーンショット機能をカスタマイズする

AssistiveTouchボタンスクリーンショット機能をカスタマイズする

AssistiveTouchボタンスクリーンショット機能をカスタマイズする

AssistiveTouchボタンを使えば、いつでもiPhoneのスクリーンショットを撮影する事ができます。

AssistiveTouchボタンには、iPhone端末の設定操作に関する命令をメニュー表示できる「最上位メニュー」があります。

最上位メニューにはアプリを開く命令は設定できませんが、アプリを開く命令を事前に登録したショートカットなら設定できます。

AssistiveTouchボタン

よくスマホの表示画面をスクリーンショット(キャプチャー)する際に専用ボタンを表示させる事があります。

これが「AssistiveTouchボタン」です。

これは画面をタッチする事が困難だったり、支援ツールが必要な人でも簡単にiPhoneを操作できる機能の一つです。

本記事ではこのAssistiveTouchボタンを使った、便利なカスタマイズ方法をご紹介します。

AssistiveTouchの表示方法

まずはこのAssistiveTouchボタンのON・OFFの仕方を紹介しておきましょう。

まずは設定メニューを開きます。

アクセシビリティをタップ

「アクセシビリティ」の欄を探してタップしましょう。

「タッチ」の欄をタップ

次に「タッチ」の項目をタップします。

「AssistiveTouch」の欄をタップ

一番上の「AssistiveTouch」の欄(現在はオフになっているはず)をタップします。

トグルマークをフリックしてONにする

AssistiveTouchのページのトグルマークをフリックしてオンにしましょう。

これで画面上に丸いマークのAssistiveTouchボタンが表示されたはずです。

AssistiveTouchをオフにする

先程のAssistiveTouchの欄のトグルマークをオフにすれば、ボタンは消えます。

出し方を覚えておくと便利ですね。

AssistiveTouchボタンの特徴

AssistiveTouchボタンは、iPhone上のどのアプリや画面よりも一番上に表示されます。

常に隠れる事なく一番上にあるので、いつでも必ず押せる訳ですね。

ボタンをドラッグすれば好きな位置に移動できますが、他の邪魔をしない様に画面の端に寄る様になっています。

アプリアイコンの上に重なってしまうと、そのアプリを押せなくなってしまうためです。

スクショ機能

このAssistiveTouchボタンには初期機能として、スクリーンショットが設定されています。

このボタンを出しておけば、iPhoneの表示画面をいつでもスクショできる訳ですね。

端末の左右ボタンを同時押しするスクショよりも簡単なので、頻繁に使うならAssistiveTouchボタンでしょう。

最上位メニューの表示

実はこのAssistiveTouchボタンは、スクリーンショット以外にも様々な設定ができます。

その中でも一番の特徴は、「最上位メニュー」です。

画面のロック、ホームに移動、音量を下げるなど、iPhone端末に関する操作をメニュー登録できます。

「最上位メニュー」もAssistiveTouchボタンと同様、常に一番上に位置するので隠れる事はありません。

アクションを割り当てれる

さらにAssistiveTouchボタンの押し方にも3種類あります。

・シングルタップ(スクリーンショット)
・ダブルタップ(割り当てなし)
・長押し(割り当てなし)

以上3つの操作に、それぞれアクションを割り当てる事ができます。

シングルタップはスクショのままにしておき、シングルタップとダブルタップとを使い分ける事ができる訳です。

今回は2つ目のダブルタップに対して、最上位メニューを登録してカスタマイズしてみます。

最上位メニューのカスタマイズ

では先程説明した、AssistiveTouchのページ(AssistiveTouchボタンをオンにした画面)までもう一度来ましょう。

すでにその画面を開いているのなら大丈夫です。

トグルマークがオンになっている事を確認します。

AssistiveTouchのページ

3つのアクションから「ダブルタップ」を押す

AssistiveTouchのページ下の「カスタムアクション」のところに3つの操作方法が並んでいますので「ダブルタップ」を押しましょう。

設定できる命令一覧

設定できる命令一覧リスト

表示された一覧が全て、ダブルタップに設定できる命令項目です。

実に様々なものがある事がわかりますね。

メニューを開くにチェック

今回はこの中から上から2番目付近にある「メニューを開く」をタップしてチェックをつけます。

チェックを付けたら、左上の「戻る」で前のページに戻りましょう。

最上位メニュー

「最上位メニューをカスタマイズ」をタップ

元の画面に戻ったら、シングルタップの上にある「最上位メニューをカスタマイズ」を押しましょう。

すると6個のメニューが表示され、それぞれに設定が割り当てられているのがわかります。

これが最上位メニューの初期状態です。

最上位メニューの初期状態6個

メニューの6個は増やしたり減らしたりが可能です。

このメニューアイコンをタップすると、先程の命令項目の一覧が表示されます。

命令の割り当て

割り当てるメニューにチェックを入れて右上の「完了」を押す

使いたい命令をタップしてチェックを入れ、右上の「完了」を押します。

そのメニューアイコンが選択した命令のものに変わったら、設定できたことになります。

同様に他のメニューも設定してみましょう(必ずしも全て設定する必要はありません)。

これで最上位メニューへの登録ができましたね。

最上位メニューの操作

では実際にホーム画面で、AssistiveTouchボタンをダブルタップしてみましょう。

最上位メニューを表示した状態

ダブルタップに「メニューを開く」を割り当てたので、先程の6項目の最上位メニューが表示されるはずです。

そして設定した命令が入っているのがわかると思います。

使用頻度の多い機能命令を登録しておけば、どんな操作をしていてもAssistiveTouchボタンからすぐに呼び出せますね。

しかもシングルタップ・ダブルタップ・長押しでアクション割り当ても変えられます。

複数アプリを最小化せずに開く

最上位メニューは、後述しますがちょっと工夫すればアプリを開く事もできます。

アプリアイコンはホーム画面上に並べているでしょうから、わざわざ登録する必要は無いと思う事でしょう。

ですが実際はそうではありません。

上から強引に開ける

普通はAのアプリを開いている最中にBのアプリを開く時、一度Aアプリを最小化しますよね。

この「最小化」の操作って結構めんどい訳です。

それに対しAssistiveTouchボタンや最上位メニューは、Aアプリを開いていても一番上に出ています。

つまりAアプリを最小化しないまま、最上位メニューからBアプリを開く事ができる訳です。

ブラウザアプリの上に最上位メニューを表示した状態

これは、AssistiveTouchボタンや最上位メニューが常に一番上にあるからこそできる芸当ですね。

最小化しなくて済むメリットは大きいと思います。

アプリ自体は直接設定できない

実は最上位メニューボタンのアクション命令項目の欄には、アプリの欄はありません。

アプリは命令として設定できない

ですので普通にはアプリを開く事ができない訳です。

しかし最上位メニューは、「ショートカット」アプリの命令なら設定する事ができます。

「ショートカット」アプリは上の命令項目の一番下の欄にありますので、スクロールして確認してみましょう。

アプリを最上位メニューに入れる場合は、これを利用する事になります。

アプリはショートカットで設定する

まず「ショートカット」アプリ内で、特定アプリを開くショートカットを作成しておきます。

例えば「Instagramを開く」命令などを、前もって登録しておきましょう。

その上でAssistiveTouchボタンのアクション先として、そのショートカット命令を指定すれば良いのです。

命令項目一覧の一番下にあるショートカットの欄でInstagramを選択している様子
命令項目一覧の一番下にあるショートカットの欄で、Instagramを選択している様子

今回ショートカットアプリの操作については割愛しますが、アプリを開く命令を設定するの簡単です。

初期で6個登録できるので、有効に使えるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

人気記事

iPhone関連記事