ムームーDNSの操作方法(WEBサーバーとメールサーバーを別に分ける場合)

ムームーDNSの操作方法(WEBサーバーとメールサーバーを別に分ける場合)

ムームーDNSの操作方法(WEBサーバーとメールサーバーを別に分ける場合)

ムームーDNSは、WEBとメールのサーバー先を指定できるムームードメインのDNSサービスです。

AレコードとMXレコードの設定を両方必ず入れて、それらが反映される様ムームーDNSのネームサーバーへと切り替える必要があります。

ムームーDNSのセットアップ情報変更ページの未設定ボタンからは、ネームサーバー設定変更はできません。

WEBサーバーとメールサーバーを分ける引っ越し

今回はムームーDNSを使ってWEBサーバーとメールサーバーとを分ける実例をご紹介します。

実施前はWEBとメール両方とも同じサーバーを使っており、ムームードメインでドメインを管理している状態です。

ムームードメインでネームサーバーの設定がされている、いたって普通の状態です

今回はメールサーバーのみ別サーバーへ引っ越しする事になりますね。

では早速実施してみましょう。

メールサーバー先の設定

元々WEBとメールは同一サーバーですから、今回の場合WEBデータは触る必要はありません。

ですのでメールサーバーとして使う別のレンタルサーバーに、独自ドメイン設定をします。

設定後に利用中のメールアカウントを同じ種類登録します。

ドメインの所有者認証

例えばこのメールサーバー先がエックスサーバーの場合、ドメインの所有者認証が必要になります。

WEB認証の画面

WEBサイトの管理を担当しているのであれば、サイト内に専用ファイルを置く事でWEB認証が可能です。

メール認証ならadminかwebmasterのメールアカウントに認証コードが送られますので、どちらかやりやすい方を選択しましょう。

上記のメールアカウントが無い場合は一時的に作って、WEBメールで認証コードだけ確認したら、アカウントを消せばよい訳です。

認証を終えたらメールアカウントを作りましょう。

これで準備は完了です。

ムームーDNS設定をONにする

ムームーDNSメニュー

ムームードメイン管理画面にログインし、左上部のメニューから「ドメイン操作」→「ムームーDNS」を選択します。

「ムームーDNSのセットアップ情報変更」のページが表示されます。

ムームーDNSのセットアップ情報変更ページのドメイン一覧

今回変更したいドメイン名を探して「利用する」となっているボタンを押しましょう。

画面上部に「ムームーDNS利用設定を行ってもよろしいですか?」とガイダンスが出ますので、「OK」を押します。

「設定が完了しました」となり、ムームーDNSのセットアップ情報変更画面にジャンプします。

これでそのドメインでムームーDNSが使える様になりました。

ボタンの説明

まずは画面中央にある「戻る」のリンクで、一旦前のページに戻ってみましょう。

ボタンが利用するから変更に変わった状態

先程選択したドメインのボタンが「変更」となっていると思います。

一度設定したら「変更」ボタンに変わる

もとは「利用する」ボタンだったのですが、ボタンを押してムームーDNSをONにすると次からは「変更」ボタンになります。

例え何も設定しないまま前の画面に戻ってもボタンは「変更」となり、「利用する」には戻りません。

ここは一見迷うところなのではないでしょうか。

未設定ボタンについて

未使用のボタンと設定済みのボタン

ちなみに「変更」ボタンの隣は「未設定」になっているはずです。

ムームーDNSを利用する際は、レコード設定とネームサーバー設定をセットで行う必要があります。

未設定ボタンにより、ネームサーバー情報がまだ未変更の状態だとわかります。

ネームサーバー情報まで変更済みの場合は、グレーで「設定済み」となっています。

2つの設定を連続でおこなう必要がある

ムームーDNSを使う場合、以下の2つを連続して設定します。

1.レコード設定
2.ネームサーバー設定変更

ムームーDNSでWEBサーバーとメールサーバーを分ける設定をした後、続けてネームサーバー情報の変更まで必要なのです。

ここで言うネームサーバーとは今使っているものではなく、「ムームーDNSが使えるネームサーバー」という意味です。

最終的に右隣のボタンがグレー色の「設定済み」にならないと、設定は反映されません。

ムームーDNSのカスタム設定

では今一度、対象ドメインの「変更」ボタンを押しましょう。

ムームーDNSのセットアップ情報変更画面

先程の「ムームーDNSのセットアップ情報変更」の画面にいきますので、下にある「カスタム設定」のボタンを押しましょう。

上部に「仮登録がされていません」という説明がありますが、これは無視してかまいません。

カスタムに切り替えてよろしいですか?のガイダンスが出ますのでOKを押します。

カスタム設定のセットアップ情報変更のページに行きます。

レコード設定

カスタム設定のセットアップ情報変更のページ

今回はムームードメインの系列サーバーとは違うサーバーにメールサーバーを向けますので、下の「設定2」の方を操作します。

以下の状態になるように「入力欄を追加」ボタンを押しながら設定していきましょう。

ホスト名タイプ優先順位
AIPアドレス
例:121.671.1.19
wwwAIPアドレス
例:121.671.1.19
MXメールサーバーのホスト名
例:sv33333.xserver.jp
10
txtv=spf1+…SPF設定

何も入れないところは空白でOKです。

Aレコード

AレコードのIPアドレスは、今まで使っているWEBサーバーのIPアドレスを入れます。

WEBサイトをwwwのサブドメインでも表示させている場合は、wwwのAレコードも追加しましょう。

MXレコード

メールサーバーのホスト名は、契約しているサーバーのホスト名を調べましょう。

優先順位は「10」にしてください。

txtレコード

SPF設定はメールの送信先がなりすましをしていない事を証明するものです。

メールサーバー先のSFP設定を調べて記載しましょう。

レコードを追加した状態
※入力した順と並び順は変わります。

入力内容を確認したら「セットアップ情報変更」の青いボタンを押しましょう。

上部に表示されるガイダンスにOKを押すと、ムームーDNSのレコード設定自体は終了です。

DNSは必ずWEBとメールの両方の設定が必要

ムームーDNSも他のDNSサービスと同じで、今までのネームサーバー情報をいったん解除して一から設定し直す事になります。

ですのでWEBサーバー先、メールサーバー先を必ず両方設定する必要があります。

「Aレコード」だけ、或いは「MXレコード」だけ入れて設定終了していると、正常に動きません。

今回の様にメールだけ別サーバーに向ける場合、MXレコードだけ追加すれば済むように思われがちですが、WEBサーバーのAレコード指定も必ず必要になります。

ですのでAレコード、MXレコードは必ず入れる事になります。覚えておきましょう。

ネームーサーバー情報の切り替え

少し横道にそれましたが、次に忘れてはならないのがネームサーバーの切り替えです。

ネームサーバー設定変更のメニュー

画面左上のメニューから「ネームサーバー設定変更」のメニューをクリックしましょう。

ムームーDNSのセットアップ情報変更ページにある「未設定」のボタンからは進めません。これは後述します。

ネームサーバー設定変更画面

対象ドメインの「ネームサーバー設定変更」をクリック

レコード設定したドメインの右欄にある「ネームサーバー設定変更」ボタンを押します。

一番上のムームーDNSをクリック

次の画面でネームサーバー先を、一番上にある「ムームーDNS」に変更します。

一番下の「ネームサーバー設定変更」ボタンを押せば操作完了になります。

ムームーDNSのネームサーバー

・dns01.muumuu-domain.com
・dns02.muumuu-domain.com

上記がムームーDNSを動かすネームサーバー情報です。

上記の情報に変更した時のみ、先程レコード追加したカスタム設定が反映されるようになっている訳ですね。

ですのでここまでがワンセットになっています、必ず設定するようにしましょう。

これをしなかった場合は、いつまで待っても反映がされないので焦る事になります。

「未設定」ボタンからは変更できない

ムームーDNSを設定するにあたり一番迷うのが、「未設定」ボタンを押しても先へ進めない事ではないでしょうか。

「ネームサーバー設定変更ページ」は、先程の様に画面左上のメニュー欄から進みます。

ムームーDNSのセットアップ情報変更ページの未設定ボタン

「ムームーDNSのセットアップ情報変更ページ」にある「未設定」ボタンからは進めないのです。

どの「未設定」ボタンを押してもガイダンスが出るだけですので、左上のメニューから進みましょう。

設定が変更されるまで落ち着いて待つ

元々ムームーDNSのキャッシュ(TTL)は、3600秒で1時間とあります。

ムームーDNSはこのTTL値を変える事はできない様ですので、とにかく待つしかありません。

他のDNSサービスはもっと早く反映されるものもあります。

DNS表示サイトツールなどで確認

ここまでの設定を間違いなくやったのであれば、後は落ち着いて待ちましょう。

DNS情報を確認できるサイトを定期的に見れば、反映されているかどうかが確認できます。

DNS情報確認サイト例:禅ドメイン

いかがでしたか

私がムームーDNSを切り替えた時は、確認サイトに新しい情報が反映されるまで半日程度掛かりました。

以上実際の操作例をご紹介しましたが、無事メールサーバーのみ別サーバーで送受信できてれば幸いです。

もちろんWEBデータもきちんと映っているかどうかも確認してくださいね。

サーバー引っ越し代行お請けします

サーバー移転・データ移設などでお困りであれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
詳細は下のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

お問い合わせする

この記事をシェアする

人気記事

サーバー移転・引っ越し関連記事