Welcartのクレジットカード決済について

Welcartのクレジットカード決済について

Welcartのクレジットカード決済について

Welcartプラグインでショッピングカートを構築している場合、クレジットカード決済の導入は簡単です。

様々な決済サービスのモジュールがあらかじめ用意されていて、それを有効化するだけで使える様になります。

別途決済サービス会社との契約が必要です。契約手続きには1か月程度お時間が掛かります。

ショッピングカートにクレジットカード決済を導入する

Welcartプラグインでは様々なクレジットカード決済サービスを利用する事ができます。

別途決済サービス会社と契約すれば、支払い方法に簡単に追加できるようになっていて大変便利です。

個人事業主でも申し込み可能ですので、本記事で簡単にご紹介しておきます。

利用できる決済サービス

Wordpressの管理画面から、Welcart Shopの「クレジット決済設定」を開きましょう。

Welcartプラグインで利用できる決済サービス(クレジット決済モジュール)の一覧が表示されます。

利用できるクレジット決済モジュール

ゼウス決済サービスとの契約

今回はこの中から、ゼウス決済サービスを契約して利用する場合をご紹介します。

ゼウス様との契約は別途おこなう必要があるので、下記サイトを確認して下さい。

Welcart×ゼウス決済サービス導入費用

・初期費用…0円
・月額費用…0円
・カード決済手数料…3.28%
・カード会社…VISA/Matercard/JCB/AMEX/Diners/ディスカバー
・売上処理料…0円

ゼウスではカード決済行った分だけ決済手数料が発生します。

最低利用額などは一切かからないので、嬉しいところですよね。

サービスの申込・手続き

内容に納得されたら申し込みをしましょう(申込手続きの説明は割愛します)

申込後はメールなどで担当者とやり取りが始まりますので、必要な書類を揃えたり情報を提供していきます。

詳しい手続き内容については担当者の指示に従って下さい。

手続きには諸々含めて1か月程度は掛かりますので注意しましょう。

手続きが済んだら、WEBサイトの管理画面とは別にゼウス様の決済専用の売上管理画面が用意されます。

ゼウス様の売上管理画面については後から説明します。

Welcartシステムの設定

ここからはクレジットカード会社との契約が済んだ後の作業となります。

決済モジュールの追加

先ほどのWelcart Shopの「クレジット決済設定」をもう一度開きます。

右の位置にゼウスをドラッグ

今回利用するゼウス決済モジュールを、右側の「利用中のクレジット決済モジュール」の欄にドラッグします。

ドラッグした後は下にある「利用するモジュールを更新する」ボタンを必ずクリックしましょう。

必要事項の登録

ゼウスのタブ

上部タブ「クレジット決済モジュール選択」の隣に、新しく「ゼウス」のタブができていますので開きましょう。

ゼウスのクレジットカードモジュール設定

上記の様な画面が表示されます。

ゼウス様と契約が完了すると以下の様々な情報がメールで送られてきますので、記載された情報をこのページに登録していきます。

ゼウス様からの情報メール例

カード決済IPコード:00000000
接続方式:Secure API
認証キー:ランダムな英数字
決済方法:即時決済
分割:一括・分割・リボ
3Dセキュア:利用する
セキュリティコード:利用する
QuickCharge:利用する

情報登録が済んだら、一番下にある「ゼウスの設定を更新する」を必ず押しましょう。

支払い方法の追加

Welcartの「基本設定」メニューを開きます。

下の画像の様に支払い方法に新しく「クレジットカード決済」を追加する必要があります。

支払い方法の追加画面

支払い方法名に「クレジットカード決済」などと名称を入れてます。

ここで決定した名称がカートの支払い種類の欄にそのまま表示されます。

入力する情報について

「説明」の欄には、お客様に確認して欲しい情報(使えるカード会社の種類など)があれば入力しておきましょう。

「決済種別」の欄は選択式になっていますので「カード決済ZEUS」を選びましょう。

「決済モジュール」の欄には何も入れる必要はありません。

入力したら「新しい支払い方法を追加」を押します。

最後にページ一番下の「設定を更新」を押しましょう。

テスト決済用のカード番号を取得する

ここまで準備が済んだら、実際にショッピングカートでクレジット決済できるかどうかテストをします。

テストには、ゼウス様からテスト用のクレジットカード番号(以下:テスト番号)が発行されますのでこれを使います。

間違っても本物の番号を使わないようにしましょう。決済されてしまうと実際に引き落としされる可能性があります。

テスト番号はゼウス様が用意した「売上管理画面」の中に記載されています。

ゼウス様の売上管理画面

ゼウス様から売上管理画面のURLとログイン情報がメールで送られてきているはずです。

売上管理画面で以下のように、カード決済内容が管理できる様になっています。

・決済状況の確認
・キャンセル処理
・金額変更
・明細書のダウンロード
・管理画面マニュアルのダウンロード

上記以外にテスト決済用カード番号も記載されています。

▼売上管理画面ログインページ

https://linkpt.cardservice.co.jp/merchant/

ID:発行されるID
PW:発行されるパスワード

売上管理TOP画面

売上管理画面TOPページ

テスト番号の確認

テスト番号は売上管理画面左欄の「テストカード番号管理」から確認ができます。

契約者名表示

契約者の名義が表示されていますので、下の「表示」を押します。

テストカード番号が表示された状態

すると利用可能なテストカード番号の記載があります。この番号をメモしておきましょう。

テスト番号は1サイトにつき、10個まで追加する事ができます。

ショッピングカードでテスト決済してみる

実際にWEBサイトで商品を適当にカートに入れ、カート画面で注文者情報を入力していきます。

クレジットカード決済が選択できる事を確認

まずは支払い方法で「クレジットカード決済」が選択できる状態であることを確認しましょう。

クレジットカード決済を選択した場合、おおよそ以下の項目が表示されます。

・カード番号
・有効期限
・セキュリティコード
・カード名義

選択した時だけ入力欄が表示され事を確認して下さいね。

他の支払い方法を選んでいる時は非表示になっていますので注意です。

テスト決済時の入力内容

「カード番号」には、先ほどメモした売上管理画面上のテスト番号を入れます。

「有効期限」は、テストをしている実際の月、例えば2021年8月であればそのように有効期限を入れます。

「セキュリティコード」は、適当な番号で構いませんので3桁か4桁(例えば9999など)で入れます。

「カードの名義人」は「TEST」としましょう。

「メールアドレス」や「電話番号」を聞かれる場合は、実際にある自分のTEL番やメールアドレスを入力しましょう。

必要事項を入力したら、最後まで注文を完了させましょう。

本人認証サービス

クレジットカード決済時には「本人認証サービス」を利用する事もできます。

詳しくはゼウス担当者にお問い合わせ下さい。

決済後の確認

テスト注文が完了したら、ゼウス様の売上管理画面をもう一度みてみましょう。

管理画面左のメニューから、「決済状況表示」を押します。

決済状況表示

テスト決済をした日付あるいは月を選択して、一番下の「表示」を押します。

決済内容がリスト表示されている

決済状況表示の欄にやり取り結果がリスト表示されるようになっています。

自分がテストした決済が表示されている事を確認してください。

決済エラー・決済取り消し

決済に失敗した場合は、画像の様にピンクで表示がされます。

カード番号が適当に入れられている場合などはこの様にエラーとなる訳です。

実際に運営していく中で、決済エラーが出る事は十分あり得ます。

そんな場合は左メニューから「取り消し処理」をして、お客様に通知をしていく事になる訳ですね。

いかがでしたか

このように、Welcartへのクレジットカード決済導入は非常に簡単です。

今回は簡単にご紹介しましたが、不明な点があれば手続き担当者に聞く事ができます。

また操作マニュアルも各種準備されています。

担当者からのメールにマニュアルページのURLリンクが記載されている事があります。

売上管理画面の操作マニュアルは、売上管理画面上部にオレンジのボタンリンクがありますので、それを押すとWEBページが開きます。

この記事をシェアする

人気記事

Wordpressテーマカスタマイズ系記事