Windowsのプレビューウィンドウをフル活用していますか?

Windowsのプレビューウィンドウをフル活用していますか?

Windowsのプレビューウィンドウをフル活用していますか?

Win10からプレビューウィンドウ機能が使える様になりました。

画像ファイルやWord・Excel・PDFなどのOfficeファイル、html・CSS・phpなどのプログラムファイルも開かずに確認ができます。

Photoshopのpsd形式画像はサムネイルでも画像が映らないため、SagaThumbsソフトを入れましょう。

Windowsのプレビューウィンドウ

今回はPCネタです。

Windows10・11のプレビューウィンドウ機能をご存じでしょうか。

プレビューウィンドウを表示すれば、開ける前にファイルの内容を確認することができます。

本記事では、このプレビューウィンドウの使い方について紹介します。

ファイル探索に便利

例えば文書や見積書・各種帳票データなどを、WordやExcelで作成している事でしょう。

この書類ファイルを編集する場合、元ファイルを探すところから始まります。

しかし数が多いとファイル名だけでは判断できなくなりますよね。

結局1枚ずつ開いて中身を確認しているのではないでしょうか。

クリックするだけで中身が表示される

そんな時にこのプレビューウィンドウを使えば、ファイルを開かなくても中身を確認する事ができます。

ファイルをクリックするだけで、隣のエリアにプレビューが表示されるのです。

ファイルをクリックすると右側にプレビューが表示された状態
見積書のExcelがプレビューされた状態

ファイルを毎回開いては閉じてを繰り返す必要が無く、手間が掛からなくて便利です。

フォルダウィンドウ内にプレビュー枠ができる

プレビューウィンドウ枠分ファイル一覧がせまくなっている

上の画像を見ておわかりと思いますが、右側にスペースを作る分ファイルリスト表示領域が狭くなっていますよね。

フォルダウィンドウの枠が小さいと、プレビュー枠分だけファイルの一覧が見えにくくなります。

フォルダウィンドウは少し大きめに開いておきましょう。

プレビューウィンドウの出し方

Win10の場合

まずは確認したいファイルが入ったフォルダを開きましょう。

表示タブからプレビューウィンドウボタンをクリック

上部にある「表示」タブをクリックし「プレビューウィンドウ」ボタンをクリックします。

するとフォルダのウィンドウ右側に余白が表示されます。

内容を表示したいファイルをクリックすると、余白欄にファイルの中身がプレビューされます。

再度「プレビューウィンドウ」ボタンをクリックする事で、プレビューウィンドウの余白が消えます。

Win11の場合

確認したいファイルが入ったフォルダを開きましょう。

プレビューウィンドウにチェックをつけるまでの工程

上部の「表示」メニューを押してプルダウンメニューを出します。

項目一番下にある「表示」をクリックし、展開したメニューの「プレビューウィンドウ」にチェックをつけましょう。

フォルダウィンドウ右側に「プレビューウィンドウ」が表示されます。

もう一度同じ操作で先程の「プレビューウィンドウ」のチェックを外すと、プレビューウィンドウが消えます。

ショートカット

次はWin10・Win11で使えるショートカット操作です。

フォルダを開いた状態で、キーボードの「Alt+P」を押します。

キーボード上のAlt+P

するとプレビューウィンドウの余白がすぐに表示されます。もう一度「Alt+P」を押せば消えてくれます。

非常に便利で簡単なショートカットなので、「Alt+P」で覚えておきましょう。

開けるファイルは豊富

プレビューウィンドウを使って開けるファイルは様々あります。

・画像ファイル(gif、jpg、png)
・WordやExcelなどのOfficeファイル(.doc、.xls)
・PDFファイル(.pdf)
・htmlやCSSファイル(.html、.css)
・テキストファイル(.txt)
・PHPファイル(.php)

プレビュー状態

GIF・JPG・PNG

画像ファイルはプレビューウィンドウを表示させなくても、以前からサムネイルの状態で中身が確認できますね。

Word・Excel・PDF

PDFの見積書プレビュー
PDFの見積書プレビュー

WordやExcel、PDFもプレビューできます。

WordやExcelをプレビューする場合は、もちろんOfficeソフトがインストールされている必要があります。

html

htmlファイルのプレビュー

htmlファイルをプレビューする際はCSSが読み込まれないため、通常のWEBページの様には表示されません。

いわゆる装飾なしのプレーンなhtml文書が表示されます。

txt・phpファイル

phpファイルのプレビュー

.txtのテキストファイルや、.phpなどのプログラムファイルはそのままコードが表示されます。

Photoshop画像のサムネイルプレビュー

WEBサイト制作において重要な画像編集ソフトと言えば、「Photoshop」ですよね。

このソフトで作られる素材ファイル形式は「.psd」です。

ベースとなる素材をpsd形式で保存しておき、Photoshopで開いて加工・編集していく訳ですね。

psd形式はサムネイル画像が表示されない

このpsd形式の難点は、Windowsのエクスプローラーではサムネイル画像が見れない事です。

gif・jpg・png画像なら、サムネイルを大きくすれば大体画像状態が表示されますよね。

ところがpsd形式の場合、サムネイルを一番大きくしても中身は表示されません。

もちろん今回のプレビューでも映りません。

Photoshop内でのみプレビュー可能

psd形式データは、Photoshopの「ファイルを開く」の画面でのみプレビューできるようになっています。

Photoshopで「ファイルを開く」からプレビューしている状態

目的のファイルを探し出すためには1つずつphotoshopで開く必要があり、psdファイルの数が多いと探し出すのに時間が掛かります。

付けた名前から推測して表示してみるしかないのです。

そこで次は、psd形式データのサムネイル画像をエクスプローラー上に表示させる方法をご紹介します。

そうすれば見た目で判断できるので1件ずつPhotoshopで確認する必要が無く、時間短縮になります。

別のソフトを入れてプレビューする

psd形式ファイルをプレビューするために、別途ソフトを入れます。

「SagaThumbs」と言うフリーソフトをインストールすれば、psdのサムネイルを画像として表示することができます。

SagaThumbsの導入・設定

インストール

SagaThumbsのTOPページ

上記ページのすぐ下にある「Download」をクリックします。

別のページに飛びますが、そのまま待つとインストーラーがダウンロードされてきます。

ダウンロードが終わったらインストーラを起動させ、インストールを済ませましょう。

最初に日本語を選択すれば、普段通りインストールができます。

PSD形式を開くための設定変更

すべてのアプリ

インストールが終わったら、スタートメニューより「すべてのアプリ」を開きましょう。

SagaThumbs 64bit Optionsを開く

SagaThumbsのフォルダをクリックして、表示された項目から「SagaThumbs 64bit Options」をクリックしましょう。

Win10の場合はスタートメニューから表示されたプログラム内のSの段に、「Saga thumbs」フォルダがあります。

SagaThumbs 64bit Options

画像ファイルの最大サイズを変更

「画像ファイルの最大サイズ」の数値を、100MBから2048MBに変更します(PSDファイルの最大容量が2GBであるためです)。

この設定を行わないと、100MBを超えるPSDファイルはプレビューが表示されません。

変更が終わったらOKを押しましょう。

psd形式が全て画像表示される

psd形式画像が全てサムネイルで表示されている状態

psd形式画像が全てサムネイル画像になりました。これでpsd形式のまま画像を探すことができますね。

このSagaThumbsは起動させたりする必要はありません。

ソフトとして入れている限り、PSD形式のファイルのサムネイル画像がエクスプローラー上で確認できるはずです。

この記事をシェアする

人気記事

PC操作・ソフト操作記事