ローカルSEOとは何か?ローカル検索最適化(MEO)が重要な理由

ローカルSEOとは何か?ローカル検索最適化(MEO)が重要な理由

ローカルSEOとは何か?ローカル検索最適化(MEO)が重要な理由

・ローカルSEOは地域密着型ビジネスのオーナーがやるべきSEO
・ユーザーにすぐに直接行動を取らせるため、成約率が高い
・ユーザーは情報の真偽を心配するため、Google側は常に情報の真偽を検査している
・ローカルSEOはキーワード検索からフレーズ検索・会話型検索に移行しつつある
・音声検索機能が進んだデバイスが登場している
・コンテンツは、ユーザーニーズ向けによりカスタム化する必要がある
・リンクは、同地域の権威サイトからのリンクが効果が高い

ローカル検索最適化(MEO)とは?

あなたが特に地域に密着したビジネスを展開しているのであれば、近隣の人達に自分のビジネスサービスを知ってもらいたいと思うのは当然の事です。

ですのでWEBサイトを検索で発見してもらえるよう、従来のSEO対策をするのが最優先です。

しかし地域密着型ビジネスの場合、なにより重要になるのがローカル検索最適化、いわゆる「MEO」と呼ばれるものです。

ローカル検索最適化は「ローカルSEO」とも呼ばれ、ローカル検索結果に表示されるWEBサイトの最適化を図るSEOです。

以下、ローカル検索最適化(MEO)の事をローカルSEOと称します。

ローカルSEOの検索キーワード

ローカルSEOには、地域で探す次のような検索キーワードが含まれます。

・近くにあるレストラン
・近隣の歯医者
・「特定の町の」お店
・すぐに来てもらえる近くの弁護士
etc

実在する店舗・サービスを前提とした情報

ローカルSEOは、地域の実店舗ビジネスの最適化・PRにスポットした戦略プロセスです。

この時コンテンツやページ上の最適化・リンク構築はすべて、地域の実店舗および実在するサービスを前提に行われます。

通常の知識・情報取得と違い、実際にそのお店へ赴きサービス提供を受けるなど、人の実活動が起こる情報であるためです。

情報が正しいかどうかが重要

全ての情報は一貫したものであり、かつ情報が正しい事を確認する材料にもなります。

情報が正しくなかったり異なる情報を提供すれば、ユーザーにとって不利益な結果を生んでしまいますよね。

それはローカル情報を提供した側、Googleなどの責任になるのです。

ローカルSEO検索例

PC検索

近くの病院で検索
「近くの病院」で検索した例

スマホ検索

水漏れ修理で検索
「水漏れ修理」で検索した例

地域名が入っていなくても位置情報で把握

上記2つの検索の場合「地域名」は入れていませんが、自分の所在地はGoogleアカウントなどの情報をもとに把握されているので問題なく表示されます。

自分が本拠地から離れていても、スマホなどから位置情報がわかっていれば自動で把握されます。

ですのでユーザーが地域名を入れるかどうかはさほど問題ではありません。

目的のエリアが今の自分の位置から離れているなら、地域名を入れて検索するでしょうからね。

ローカル検索が重要な理由

このローカル検索が地域密着ビジネスにとって重要な課題である事が、以下の統計でわかります。

・スマホでローカル検索をした人の50%は、1日以内のうちに探したお店を訪問する
・PCまたはタブレットで検索した場合も、34%が同じようにお店を訪問する
・ローカルモバイル検索のうち18%は、1日以内に実質的な売上につながる
・アメリカでは成人の60%が地域のサービスや製品情報を検索する
・お店の住所・所在地を探すため、50%の人がスマホでローカル検索をする
・調査対象者の71%が、初めて訪れる前にその存在を確認するためにお店を検索する
・店舗に到着するまでに3回に1回はスマホで事前検索する
・2017年には消費者の97%が地元のお店を探しており、うち12%がお店探しを毎日している

地域密着ビジネスとローカル検索のつながりがどれだけ大切かが、よくわかりますよね。

地域サービスを探すユーザーの傾向

通常の情報検索と違って「緊急性の高い」「問題トラブル解決」「基本欲求に直結する」情報は、特に制約に結び付きやすい事がわかります。

と同時にその情報の真偽を確かめる行動もセットでおこなわれやすいのが、このローカル検索です。

自分が直接「行く」「買う」「行動する」ための情報ですから、騙されたくないのです。

WEBサービスの向上

検索と移動が同時にできる様になった事も大きなメリットと言えるでしょう。

いまは屋内外問わずスマホで検索できますし、その場所に電話を掛ける事が簡単にできてしまいます。

さらに地図アプリ「GoogleMAP」など、精度の高い様々な地図情報サービスが存在しますよね。

場所さえわかればすぐに、かつ迷わずにその場所へ行ける事もローカル検索の便利さを向上させています。

自分の欲求を満たすための時間を短縮する事ができるのですね。

ローカルSEOの恩恵を受ける業種

弁護士・法律事務所

ちょっとお堅い話になりますが、弁護士や法律事務所などはローカルSEOの一番の恩恵をうける職業です。

ローカルSEOの最大の利点の1つは、Googleがスマホでのローカル検索結果にすぐに電話を掛けられるボタンを表示している事でしょう。

事故などの緊急トラブルに対処

人は事故にあったり突発的な問題に遭う事があります。その場合、すぐに電話相談できる相手(ここでは弁護士など)をその場で見つけようとします。

大体はスマホで「地域 弁護士」で検索しますよね。そうするとその特定の場所をターゲットにした検索結果(弁護士名)が表示されます。

ここまでくれば、検索者は目の前に映った「電話をかける」ボタンを高確率で押す傾向にあるという訳です。

医療・病院

例えば突然病院を探す事になった時、かかりつけの病院が無ければ近くの病院やクリニックを探す事になりますよね。

ほとんどの人は、じっくり時間を掛けたりわざわざ遠くの病院まで行ったりする事はありません。

そもそも定期的に診療してもらえなければ意味がないので、その意味でも近くの病院を望む訳です。

近くの病院と場所が一発検索

「地域名 病院(内科・外科などの診療科目名)」で検索すると、近隣の地図とそこに点在する各病院のリストが出てきます。

ローカル検索の結果によっては、画面に地図アプリを表示する「リンク」も提供されます。

病院を利用する場合、まずは予約を入れる事を優先しますし、同時に地図で病院への道順を調べる事もできるのでローカル検索は大変便利です。

修理サービス

ローカルSEOの恩恵を受けるビジネスの1つは修理サービスです。

例えばあなたが水道管の水漏れなどの緊急トラブルに遭遇したとき、その状態を放置して直接店を訪問したりしませんよね。

やはり通常はGoogleなどで「近くの水漏れ修理サービス」を検索する事でしょう。

Googleの検索結果は、そのような緊急事態にすぐに対応してくれる地元業者を探して、家に来てもらう様に連絡を取るのにもってこいのツールです。

レストラン

飲食店などの企業は、最もローカルSEOの恩恵を受ける業種の一つです。

この即時性のあるビジネスサービス情報は、潜在的な顧客を最短時間で訪問に導けるポテンシャルを持っています。

中でも「利用者の口コミ」情報により、効率的に近所で高品質の料理とサービスを提供しているレストランを探す事が可能です。

ローカルSEOの恩恵を受けない業種

SEOに携わる者としては、全ての人がこのローカルSEOの恩恵を受けれる様、より多くの職種にローカルSEOを活用して欲しいと思います。

しかし残念ながら、ローカルSEOがあまり役立たない業種も一部あります。

ローカル検索されない業種

・オンラインショッピングサイト
・イラストレーターや漫画家
・地元の情報を共有したくない企業
・情報を非公開にしたいオンライン販売業者

などの企業は、地元のSEOサービスを活用できるメリットはあまりありません。

顔バレ・身元バレは禁止、対面してもあまり意味がない業種などがそれにあたります。

それよりも提供するサービスが重要視されるべきものなので、地域検索される必要はありませんね。

ローカルSEOで重要な要素

ローカルSEOの手段もキーワードリサーチ、コンテンツ、リンク、タグの見直しなど、通常のオーガニックSEOとそれほど違いはありません。

熾烈なSEO競争をしのぐため、その業界全体に適切に対応するために、これらの要素はローカルSEOでも重要です。

必ず地域名ワードが入る

ただしローカル検索に最適化する場合、特にユーザーが検索を実施する「エリア」に焦点を当てた要素が多く含まれます。

例えば、町名や都市名などですね。

つまりより地域名や町の名前がピックアップされる事になります。

キーワードの詰め込みに注意

しかしだからと言って地名だけがどんどん脈絡もなく出てくるのは良い事ではありません。

今でもやたらと地域名の単語がちりばめられてるWEBサイトをよく見ます。

しかしSEOを意識するあまりキーワードを盛り込み過ぎるのはよくないという事は、すでに周知の通りです。

キーワードは会話型・フレーズ型に

ローカルSEOのキーワード調査は、いくつか違う側面もありますがそれほど変わりません。

違ってきている点と言えば、単語型ではなく会話型での検索が増えている事でしょう。

最近の統計によると、スマホ以外に「Amazon Echo」「GoogleHome」などのデバイスからのアクセスが多くあります。

デバイスへの命令は必然と会話形式になる

これらのデバイスが台頭してきているのは、音声検索がローカル検索を実行するための主要な手段の1つとして認知されてきているためです。

手入力するよりも「近くの病院を探して」または「近くの水漏れ修理業者を探して」と命令・指示する方が簡単ですよね。

ですので会話型やフレーズ型の音声検索での検索クエリの増加が見られるのは当然です。

このようにローカル検索時は、質問形式を含む会話型のキーワードが多く使われます。

会話形式によるキーワード設定が重要

SEMRUSHのトピック調査ツールである「AnswerThePublic」では、ユーザーが検索している質問とその検索ボリュームを確認できます。

SEMRUSHトピック調査ツール(利用は有料です)

そのデータによるとローカルな意図を持つキーワードを検索する時には、会話型によるバリエーションが頻出する様です。

何よりその検索ボリュームの多さに驚かされます。

仮にあなたがレストラン、弁護士、病院など、地元の実店舗サービス関連のビジネスオーナーであれば、会話型のキーワードのバリエーションを検討してみるべきです。

AnswerThePublic

AnswerThePublicは、Googleなどの検索エンジンからのオートコンプリートデータを引き出します。

そして対象キーワードの周りでユーザーが尋ねている全ての有用なフレーズ候補や質問を素早く見つけ出すサービスです。

これを利用すれば、あなたの顧客が本当に望んでいる内容で、新鮮で非常に便利なコンテンツ、製品、サービスを作成する事ができます。

https://answerthepublic.com/

コンテンツをどうカスタムするか

掲載コンテンツは、やはりローカルSEOの取り組みにおいても非常に重要です。

地域に焦点を当てつつ、従来通りコンテンツの深さや幅・豊富な知識量に基づいた構築をする方が、それをしていない競合他社より有利と言えます。

ただし単に長い形式のコンテンツを作成すれば最良の結果が得られるとは限りません。

クエリの裏にあるユーザーの意図を汲んだコンテンツ

ポイントはクエリ結果の性質と、そのコンテンツがクエリの背後にあるユーザーの意図に最も適しているかどうかです。

クエリの単語数が多い(検索される単語の種類がコンテンツ内にたくさんある)かどうかではありません。

ユーザーの意図はマイナーでニッチなものかも知れませんが、うまくカスタムしたローカルコンテンツを作成できればしめたものです。

それこそ会話型フレーズ検索候補として設定しておくと化けるかもしれません。

薄いコンテンツはやはりダメです。

当たり前のことですが、「内容の薄いコンテンツ」はよくありません。

コンテンツが薄いとそれがもたらす価値も薄く、コンテンツに投入された努力の価値も同じ様に薄いと判断されます。

こういったコンテンツでは、ローカルSEOで上位を取る事は不可能です。

ローカルSEOにおけるリンク構築について

ローカルSEOの場合リンクに関してはオーガニックSEOとは少し異なります。

そのサービスおよび店舗が実在して長くその業務に携わっているかどうかは、他サイトと単純にリンクをしているだけでは測れません。

従来のSEOにおいて重要な「リンクの数や重み」とはまた別の判断基準が必要になります。

地域の権威サイトとのつながり

その品質を評価するためには、地域に密着したローカルWEBサイトの存在が重要になります。

同じ地域の品質が高いと判断されるローカルサイトとのリンクの度合いによって変わってくる訳です。

ローカルSEOリンクの種類

ローカルSEOには以下の様に、高品質のローカルSEOリンクと判断できる様々なサイトの種類があります。

引用サイト
ローカルディレクトリのWEBサイト
業界関連のローカルサイト
ローカルパートナーサイト
地元の商工会議所サイト
地元の新聞サイト

引用サイト

引用サイトは言葉の通り、他のWEBサイト内に掲載した情報の参照元として、あなたの実店舗やサービスが記載される事を指します。

引用される程、実店舗・実在サービスの「存在度」が高まります。

引用サイトは通常、「NAP」に焦点を当てています。

NAPとはこれらのサイトに表示したいビジネスの名前(N)、住所(A)、電話番号(Phone)を意味します。

ですのでこのNAPはどのサイトでも全く同じ情報にしておくべきとされています。

これら引用サイトへの掲載は、Googleにおける対象サイトの存在感を高める事につながります。

ローカルディレクトリのWEBサイト

ローカルディレクトリWEBサイトは、地域のビジネスをディレクトリ形式で集めたWEBサイトです。

例えばレストランであれば、特定地域ごとのお店だけを集めた紹介サイトというのが必ず存在しますよね。

これらのローカルディレクトリサイトへのエントリーは、ローカル検索用のWEBサイトのリンク権限を増やすのに役立ちます。

業界関連のローカルサイト

次のようなローカルリンクの機会を提供する可能性のあるサイトも重要です。

新聞
学校
大学
政府機関

これらの業界関連のローカルサイトは、ローカルリンクの価値を大幅に高めるのに役立ちます。

こういったWEBサイトにリンクされる事は、Googleからの評価が高い訳ですね。

ローカルパートナーのWEBサイト

これらのサイトは通常ビジネスの競合他社的な扱いです。

Googleは過度のリンク交換を禁止していますが、ローカルビジネスサイト間での相互リンクは悪い事ではありません。

ページランクを操作する事が狙いの行き過ぎたリンク交換でなければ大丈夫です。

どれくらいが過剰と見なされるかを判断するのは難しいですが、適切な量であれば問題はありません。

ローカルSEOの未来について

現在の統計、データ、および傾向によれば、ローカルSEOは今後大幅な方向転換の時期を迎える様相があります。

特にスマホ、Amazon Echo、Google Homeなどのデバイスの急増は、今後人間の理解と同等またはそれ以上の会話のようなアプローチを持つデバイスの可能性を示唆しています。

これらのデバイスが近い将来、より高品質かつ高速で強化・改善されたアルゴリズムによる音声検索結果をユーザーに提供するようになるかも知れません。

Googleは常にアルゴリズムを調整および更新しています。

具体的にローカルSEOに起こる現象フローは不明ですが、これらも全ての検索結果の改善に役立つことを願っています。

まとめ

本記事でのローカルSEOのポイントをまとめてみました。

ローカルSEOのポイント

・ローカルSEOは地域密着型ビジネスのオーナーがやるべきSEO
・ユーザーにすぐに直接行動を取らせるため、成約率が高い
・ユーザーは情報の真偽を心配するため、Google側は常に情報の真偽を検査している
・ローカルSEOはキーワード検索からフレーズ検索・会話型検索に移行しつつある
・音声検索機能が進んだデバイスが登場している
・コンテンツは、ユーザーニーズ向けによりカスタム化する必要がある
・リンクは、同地域の権威サイトからのリンクが効果が高い

この記事をシェアする

人気記事

SEOカテゴリの関連記事