Google search consoleでページのインデックスがされなくなった時の対処法

Google search consoleでページのインデックスがされなくなった時の対処法

Google search consoleでページのインデックスがされなくなった時の対処法

Google Search ConsoleがWEBページのインデックスをしない状態が続きました。

サーバー処理能力が低い事が原因の場合は、スペックを上げる事でインデックスされそうです。

もう一つはページURLを別名に変更して、再度UPしてみる事です。

Google search consoleでページのインデックスがされなくなった

本記事はまだ100%の確証を得ているものでは無く、引き続き調査中の内容です。

実際は3か月程前から発生していたのですが、本サイト「えるぺぐblog」のページインデックスが進まずに止まっている事に随分後から気づきました。

その間に挙げた記事が全てインデックスされず、「インデックス未登録」の状態になっている訳です。

単なる遅延ではなく、何度リクエストしても進まないタイプです。

GSCのカバレッジ「インデックス未登録」

Google Search Console(以下GSC)でインデックスがされているかどうかが確認できます。

カバレッジから除外を押す

左メニュー欄「カバレッジ」をクリックして「除外」の欄をクリックします。

検出 - インデックス未登録の欄を開く

下に表示されたリストから「検出 - インデックス未登録」の欄を開けます。

インデックスされていないURLのリスト

ここに出ているURLはこの3か月の間にアップした記事なのですが、クロール日時が全て「該当なし」になっています。

インデックス登録操作も意味なし

単にインデックス遅延ならば、以下の方法でインデックスされる事がほとんどです。

インデックス登録をリクエスト
ページを更新し、サイトマップに更新日時を入れて送信
公開URLテスト(ライブテスト)

しかし今回は上記の操作を何度も繰り返ししましたが、一切インデックスされない状態です。

正直これが続くと萎えますよね。新しく記事を書いても検索で世に出ないままなのですからね。

何が原因がしばらくわからなかったのですが、最近ようやく発見しました。

インデックス未登録の原因

URL検査の虫眼鏡マークを押す

この未登録欄にあるURLにマウスを合わせて、虫眼鏡マークの「URL検査」をすると、以下のようなページが表示されます。

URLがGoogleに登録されていませんの詳細

この一番下にある「詳細」リンクを開けると、Googleのヘルプページへ飛びます。

Googleヘルプページの内容

ここに以下のような記載がありました。

検出-インデックス未登録:ページはGoogleにより検出されましたが、まだクロールされていません。これは通常GoogleがURLをクロールしようとしたものの、サイトへの過負荷が予想されたため、クロールの再スケジュールが必要となった場合です。そのためレポート上で最終クロール日が空欄になっています。

サイトへの過負荷が原因でクロールを一旦やめている状態な訳ですね。

サイトへのアクセス数が増えたために、WEBサーバーがそれに十分対応できていないという事なのでしょう。

そろそろサーバー移設の頃合い

そも本サイト「えるぺぐ」blogの開設当時は、アクセス数が増えたときの事を想定していませんでした。

レンタルサーバー自体は以前から稼働していたところに、独自ドメインでその他のWEBサイトとともにぶら下げている形です。

サーバーのスペックもどちらかと言えば下のレベルのプランでした。

ところが本ブログも徐々に閲覧数が増えてきており、月8万pvに迫る勢いです。

ですので、より高性能なサーバーへと引っ越ししなければならないと思っていました。

サーバー能力を増強

本サイトが入ったWEBサーバーを調べたところ、その能力(スペック)自体を増強させる事ができるとわかりました。

これなら引っ越しさせる事無く処理能力を上げる事ができるので、インデックスされるのではないでしょうか。

レンタルサーバーによっては今回の様に、利用中のプランのスペック自体が向上する事もあるのです。

今回はたまたまラッキーでしたね。

※通常スペック自体が向上するケースはそんなにありません。

引っ越しするより楽

WEBサイトの引っ越し自体はいつもやっているので簡単ですが、やはり面倒な作業ではあります。

サーバー自体をスペックアップできるなら、それに越した事はありません。

本サイト以外に入っているWEBサイトもその恩恵を受ける訳ですからね。

基本はスペックの高いサーバーへ引っ越し

今回はスペックアップの手段が取れましたが、どのレンタルサーバー(或いはプラン)でも同じことができる訳ではありません。

そのまま性能アップができたとしても、同時に月額料金が上がる事もあります。

そもそもスペック向上自体ができない場合が多いでしょうから、その場合は引っ越しをさせるしかありませんね。

サーバースペックアップ後の結果

サーバースペックを上げた後、Googleが察知するようにしばらく時間を置きました。

その上で「検出 - インデックス未登録」の欄にあるページURLを、あらためてインデックス登録リクエストしてみました。

すると1~2日後には一覧の中から消えていました。

インデックスされており、きちんとGoogleの検索結果にも表示されています。

これでサーバーの処理能力を向上させる事で、停滞ページをインデックスできる事が一つわかりましたね。

ある程度アクセス数が増えたらサーバーを準備する事は、インデックスされない事を解決するのとは別に検討して下さいね。

自動でインデックスされたりはしない

現在インデックス未登録状態のURLは、今回の件で自動インデックスされたりはしない様です。

しかしもしかしたら、どこかのタイミングで一斉にインデックスされる可能性もあります。

ただ再リクエストでインデックスできるならば、それに越した事はありません。

インデックス未登録のリスト数が「0」になる事は無いと思いますが、再リクエストで数が減れば御の字です。

それでも消えないURLはある

サーバーを変える事でインデックスされる様になると紹介しましたが、それが解決策の全てではありません。

何よりサーバー移転は大ごとですので、移転したのに登録されないとなれば骨折り損です。

URLの中にはサーバーを変えてもインデックスされないものが出てきます。

インデックスされない他の理由

そもそもインデックスされない原因は、他にもあります。

サイトマップを送信していない
コンテンツの質が低い
重複コンテンツの記事と判断されている
リンクがつながっていない

先ほどの「詳細」のところに、別の原因が表示される可能性もありますので確認しましょう。

ページURLを変更して再度アップする

サーバースペックを向上させる前に、一つ代表的な手段をご紹介します。

それはページURLを別のものに変更する事です。

一度公開したWEBページのURLを別のURLに変更(一文字でも違えばOKです)する事で、改善される場合がありますね。

これは私も試してみて、実際に上手くいきました。

むしろサーバーを引っ越しするより先にこちらを試してみるべきです。

URLの削除をする必要も無い

一度世に出たページURLを変更する事に対しては、慣れない方や躊躇する方もいるでしょう。

ですがGoogleが認識していない以上それは世に出ていない事と同じなので、変更しても全く影響はないのです。

GSCのメニューにある「URL削除」もする必要がありません。

※ただしBingなどには既に登録済の場合がありますので、その場合はURL削除などをする必要があります。

そんなに手間はかからない

もちろんリンク元やサイトマップも変更をしなければなりませんが、Wordpressサイトであればほぼ自動ですよね。

これで再度サイトマップをGoogleに出して、2~3日程度待てばカバレッジの結果が変わるはずです。

上手く一覧の中から消えてくれれば、インデックスがされた事になります。

※複数のURLを変更したり、同じページのURLの名前を何度変えても問題はありません。

クロール済み-インデックス未登録に入った場合

しかしクロールはされたものの、残念ながら「クロール済み-インデックス未登録」の欄に移動しただけになる場合もあります。

「検出-インデックス未登録」に入っていたURLが「クロール済み-インデックス未登録」の方に来たとなるとお話は別です。

両者には大きな違いがあるからです。

検出とクロール済みの違い

検出-インデックス未登録…判断する前の状態
クロール済み-インデックス未登録…価値が無いのでインデックスされていない

「クロール済み-インデックス未登録」の判定を受けたという事は問題です。

一通りGoogleにページ内を診断された上でインデックスされないのは、「価値無し」と判断されたためです。

早急にページを修正する事

インデックスする価値がないと判断されたのは、ページの内容に問題があるからですよね。

他のページのコピーだったり真似事だったりすると、このような判断を食らいます。

早急に中身を書き変え、価値があるコンテンツと認められる対処をしましょう。

あとは通常のページ更新と同じ

あとはページを修正してUPした時と同様の手順で、GSCにインデックスの登録リクエストを掛けます。

再度クロールされて、そこでインデックスするかどうかの再判断が下る事になりますね。

問題の切り分けが大事

もしかしたらGoogleは最初から、ページ価値が無い事を知った上で「検出-インデックス未登録」にしていた可能性もありますよね。

その辺りは不明なままですが、URL変更をしただけでインデックスされるURLもあります。

「検出-インデックス未登録」に入ったからと言って、必ずページ内容を修正しなければならないのではありません。

まずはURL変更を掛けてみて、そこから判断するようにしましょう。

検出-インデックス未登録が増えたら

まずはURLを変更して、消えれば解決
クロール済み-インデックス未登録に移動したら内容変更
アクセスが増えて負荷が心配ならサーバー移転

この記事をシェアする

人気記事

ブログ運営関連記事